モロキニ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モロキニ島

モロキニ島(Molokini)とはハワイ諸島マウイ島南東の沖にある三日月形の小さな無人島である。 マウイ島の海岸線から4.2km、マケナ(Makena)の集落からは約6Kmほどの沖にある。

同島は、楯状火山であるハレアカラの南西リフトゾーンに沿った位置にある側火山[1]、種類はタフコーン[2]。約23万年前の火山活動で生まれた[1]。海底から150m[1]、標高49m[1]、コーンの直径540m[1]

火口の半分が水没して出来た島で、火山のクレータが斜めに隆起して、水面から出ている部分が三日月状になっている。[要出典]

島の面積は0.093km2で、島の周囲は断崖だが、豊かな熱帯魚が生息する美しいサンゴ礁に囲まれており、ダイビング・スポットともなっている。1977年ハワイ州で4番目の海洋生物保護区に指定された。一般人の島への上陸は禁止されている。島内に自動灯台がある。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 出典: Molokini erupted about 230,000 years ago - USGS、2017年4月閲覧
  2. ^ 出典: A vegetative survey of Maui county's offshore islets (page 94) (PDF) - R Hobdy、2017年4月閲覧

外部リンク[編集]

座標: 北緯20度38分0秒 西経156度29分46秒