モリツバメ科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モリツバメ科
ウスズミモリツバメ
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: スズメ目 Passeriformes
亜目 : スズメ亜目 Passeri
小目 : スズメ小目 Passerida
上科 : カラス上科 Corvoidea
: モリツバメ科 Artamidae
学名
Artamidae Vigors1825
和名
モリツバメ(森燕)
英名
Woodswallows

モリツバメ科(モリツバメか、Artamidae)は、鳥類スズメ目の科である。

モリツバメと(狭義のモリツバメ科は)総称される。ただし狭義にはその1種をモリツバメと呼ぶ。

特徴[編集]

主にオーストラリア区、1種ずつが東洋区フィジーに生息する。

全長14–20cm[1]

系統と分類[編集]

広義のモリツバメ科

フエガラス科 Cracticidae



モリツバメ科 Artamidae



フエガラス科姉妹群[2]、フエガラス科を含める説もある(この場合、モリツバメ科はモリツバメ亜科 Artaminae とフエガラス亜科 Cracticinae に分かれる)。これらはカラス上科に含まれる。

Sibley & Ahlquist (1990) では広義のモリツバメ科がモリツバメ族 Artamini とされ、カラス亜科に含められた。

属と種[編集]

国際鳥類学会議 (IOC)[3]より。1属11種。

出典[編集]