モリソン窩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モリソン窩(モリソンか、Morrison's pouch)または肝腎陥凹(かんじんかんおう、Recessus hepatorenalis, hepatorenal fossa)とは、肝臓と右腎臓の間に存在する、腹水などがたまりやすい領域のこと。

仰臥位で右上腹部で最も低いものとなり、500ml以上の液体を貯留できる。

 イギリスのモリソン(James R.Morison 1853-1939)が1894年に胆石手術のドレナージ部位として報告した。

関連項目[編集]