モフセン・トーキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
モフセン・トルキーから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
モフセン・トーキー
Torki 2.jpg
個人情報
フルネーム محسن ترکی
誕生日 (1973-07-11) 1973年7月11日(45歳)
出身地 イランの旗 イラン
マシュハド
国内
リーグ 役割
2000- イランサッカーリーグ 審判員
国際
リーグ 役割
2003- FIFA選出 審判員

モフセン・トーキーペルシア語: محسن ترکی‎ モフセン・トルキー、: Mohsen Torky, 1973年7月11日 - )はイランマシュハド出身のサッカー審判員である。

概要[編集]

2000年に国内リーグ1部のイランサッカーリーグで主審を務める。2003年FIFAのライセンスを取得し国際審判員として活動している[1]。母語であるペルシャ語の他に、第二言語として英語を使用できる。2007年にはAFCエリートレフェリーに選出され、以降AFCカップAFCチャンピオンズリーグで主審を務めている。また、首都テヘランを本拠地とするエステグラル・テヘランピルズィ・テヘランが対戦し、国内最大のスタジアムであるアザディ・スタジアムが超満員になり盛り上がることで知られるテヘランダービー英語版において、2009年にイラン人で初めて主審を務めた。

サッカー日本代表の試合では、2005年3月30日にAFCアジアカップ2011予選香港戦で副審を務めている[2]他、AFCアジアカップ2011グループリーグのシリア戦において主審を務めている[3]。この試合では、途中長谷部誠からのバックパスをGK川島永嗣がクリアしたボールを今野泰幸と競り合ったシリア人選手が前方にいたシリア代表のFWに向けてパスを送り、このボールに対して後方に誰もいない状態で川島がシリア代表FWへチャージを行った。この時点で副審はオフサイドと判定したにも関わらず、モフセンは今野のバックパスであると判定し副審の判断を却下、川島にはレッドカードを提示し、PKを宣告している。この判断に関しては日本国内でも大きな反響を呼び、試合後の会見では日本代表監督のアルベルト・ザッケローニが判定に関して疑問を呈している[4]

脚注[編集]

  1. ^ Mohsen Torky worldreferee.com、2012年5月30日閲覧。
  2. ^ ALL FOR 2010!マッチレポート 日本サッカー協会公式サイト、2012年5月30日閲覧。
  3. ^ AFC ASIAN CUP- QATAR 2011 MATCH SUMMARY[リンク切れ] AFC.com、2012年5月30日閲覧。
  4. ^ シリア戦後ザッケローニ監督会見AFCアジアカップ2011 スポーツナビ、2011年1月14日掲載、2012年5月30日閲覧。

外部リンク[編集]