メルセデス・シモーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メルセデス・シモーネ
Mercedes Simone
Img286a.jpg
基本情報
生誕 1904年4月21日
出身地 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ビジャ・エリサ
死没 (1990-10-02) 1990年10月2日(86歳没)
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブエノスアイレス
ジャンル タンゴ
職業 歌手女優

メルセデス・シモーネ(Mercedes Simone, 1904年4月21日 - 1990年10月2日)は、有名なアルゼンチンタンゴの女性歌手である。

生涯[編集]

1904年4月21日 に、ビジャ・エリサにて生まれる。本名は、メルセデス・セリア・シモーネ(Mercedes Celia Simone)である。

バイアブランカ市のカフェ・バー『ロス・ドス・チノス』(Los Dos Chinos)でデビューを果たす。1927年に、レコード録音を始める。1931年には、ミロンガ・センチメンタルを創唱する。また、メルセデス・シモーネ作詞作曲のオリジナル曲『カンタンド』(Cantando)のレコードも人気を評す。『淡き光に』のレコード録音も有名である[1]。映画にも数多く出演する。"La Dama del Tango"(タンゴの貴婦人)というあだ名がある。

1990年10月2日に死去する。

YouTubeに、いくつかレコード録音や白黒フィルムなどがアップロードされている[2][3][1]

脚注[編集]

外部リンク[編集]