メリケン波止場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1930年頃のメリケン波止場

メリケン波止場(メリケンはとば)は、兵庫県神戸市神戸港にある波止場の一つ。

概要[編集]

1868年に明治政府によって神戸外国人居留地の西端となる鯉川の延長線上に第三波止場(のちに第二波止場)として築堤された。当時、鯉川河口左岸に米国領事館があったことから、「アメリカン」の英語の原音発音から「メリケン波止場」と呼ばれるようになった。漢字では「米利堅波止場」などと表記された。鯉川暗渠化による鯉川筋はメリケンロードとも呼ばれる。

大正時代中突堤新港突堤が竣工するまで、宇治川河口右岸の高浜岸壁とともに神戸港を代表する波止場であった。戦時中に「万国波止場」と改称されたが戦後に復称している。

1983年にメリケン波止場 - 中突堤間の埋立工事が着工、1987年に竣工し「メリケンパーク」が開園した。神戸の異国情緒を表す場所として映画のロケなどにも使われている。

1995年に発生した阪神・淡路大震災により、波止場であった場所が崩壊。現在、崩壊した状態で一部が神戸港震災メモリアルパークとして保存されて公開されている。

また、神戸港と同じ時期に発展した横浜港大さん橋も「メリケン波止場」と呼ばれていた[1]

脚注[編集]

  1. ^ 『横浜港の七不思議―象の鼻・大桟橋・新港埠頭』有隣堂、2007年、107 - 115頁。ISBN 9784896602005 

関連項目[編集]