メタフォリカルブランディング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

メタフォリカルブランディング: Metaphorical Branding)とは、人間の認知活動がすぐれてメタファー的(レトリック的)であるという認識に立ち、ブランド構築の方法論を考えていくフレームワークである。

ブランドを記憶スキーマとして定義し、現状のブランドの姿を把握し、そのスキーマをダイナミックに変換するために、メタファーの持つ「写像」の作用を援用する点がその特徴にある。具体的には、A(対象)をB(メタファー)に喩えるという単純な作業を戦略的に行う手法。

参考文献[編集]

  • 山本真郷渡辺寧『非営利組織のブランド構築 : メタフォリカル・ブランディングの展開』西田書店、2006年。ISBN 4-88866-435-8
  • George Lakoff (1996) (英語). Moral politics : what conservatives know that liberals don't. Chicago: University of Chicago Press. OCLC 33665953. ジョージ・レイコフ『比喩によるモラルと政治 : 米国における保守とリベラル』小林良彰鍋島弘治朗訳、木鐸社、1998年。ISBN 4-8332-2262-0

関連項目[編集]