メイソンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジャムで満たされたメイソンジャー

メイソンジャー (Mason jar) は、主に瓶詰を作る際に用いられるガラス製の口広瓶。金属製の蓋はラバー付きで密閉性が高い。

歴史[編集]

1858年アメリカ合衆国の職人ジョン・L・メイソンが発明[1]。特許が1875年に切れると、ボールやカーなどガラスメーカーが同種の瓶を製造し始めた[1]

用途[編集]

もともと食材の長期保存に用いる容器として、50年以上にわたってアメリカの一般家庭を中心に普及していた[2]。2014年頃から、ニューヨークを中心にメイソンジャーの中に野菜とドレッシングを入れる「ジャーサラダ」が流行[2][3]。その後、デザートを入れたりスムージーを入れるなど、食器に近い形で活用されたり[4]、インテリアとして利用される[5]など、幅広い用途で使用されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b Browning, Marie (2003). Jazzy Jars. Sterling Publishing Company. p. 10. 
  2. ^ a b 「ジャーサラダ」大ブームの裏に“女性の手芸魂”!?”. 日経トレンディネット (2015年2月26日). 2017年1月3日閲覧。
  3. ^ 2015年大ヒットの予感!クリスマスにもおすすめ「ジャーサラダ」”. クックパッドニュース (2014年12月2日). 2017年1月3日閲覧。
  4. ^ 2015年大ブレイクの予感!?いま話題の「メイソンジャー」って一体何?”. クックパッドニュース (2014年12月15日). 2017年1月3日閲覧。
  5. ^ 食材保存だけじゃない!「メイソンジャー」のもっと便利でお洒落な使い方をご紹介♪”. STYLE HAUS (2015年3月12日). 2017年1月3日閲覧。