ムンバイ・メトロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムンバイ・メトロ
ロゴマーク
ムンバイ・メトロの地下鉄車輌です。
ムンバイ・メトロの地下鉄車輌です。
基本情報
インドの旗 インド
所在地 ムンバイ
種類 都市高速鉄道
開業 2014年6月8日
(5年前) (2014-06-08
運営者 ムンバイ都市圏開発公社
公式サイト ムンバイメトロ 公式サイト (英語)
詳細情報
路線数 1路線
駅数 12
軌間 1,435 mm (標準軌)
電化方式 直流25000V・50Hz・架空電車線方式
最高速度 80 km/h
路線図
路線図
ムンバイ・メトロの路線図。
テンプレートを表示

ムンバイ・メトロ(Mumbai Metro, マラーティー語: मुंबई मेट्रो)は、インドムンバイにある都市高速鉄道網。2014年6月8日に高架鉄道の1号線が開通した。

2014年時点で未着工の3号線はムンバイ初の地下鉄となる予定。

概要[編集]

ムンバイは経済成長に伴う自動車台数の急速な増加により、深刻な交通渋滞と騒音・排ガスによる公害が問題となっていた。そのため、交通渋滞緩和及び都市環境の改善を図るための公共交通システムの整備が必要であった。

一方で用地不足から道路網の拡充が難しく、既存の公共交通であるバスの輸送能力の向上が困難なことから、交通渋滞緩和及び自動車公害対策のために、また世界で最も混雑する鉄道と言われる「ムンバイ近郊鉄道」の混雑緩和のために、新たな鉄道による大量高速輸送システムを整備することとなった。このような背景のもと、計画・建設が進められているのが、ムンバイ・メトロである。

2014年6月に開通したムンバイ・メトロ1号線は、同市西部ベルソバから東部ガトコパル間の11.4キロメートルを結ぶ高架鉄道である。[1]

当初は2012年の開業が見込まれていたが、工期が長引くのに伴い、事業費は235億6,000万ルピー(約400億円)から432億1,000万ルピーに膨らんだ。[2]

なお、3号線はJICAの対インド円借款により建設されることが決定した。新路線はムンバイの南北約33キロを地下鉄でつなぐ予定。14年中に着工し、20年にも開業を目指す。総工費は約4200億円で、うち5割超を円借款でまかなう。[3]

車両[編集]

中国南京浦鎮車輛廠[4]。2M2Tの4両編成であるが、輸送量増加の際は3M3Tの6両編成とすることができる[5]

路線[編集]

路線 起終点 開業 距離 (km) 駅数
1号線 Versova Ghatkopar 2014年6月8日 11.40 12
2号線 Dahisar Mankhurd 計画中[6] 40.2 37
3号線 Colaba SEEPZ 2020年 33 27
4号線 Wadala Kasarvadavali 計画中[7] 32 29

運賃[編集]

最初の1ヶ月間をプロモーション価格として10ルピーに設定し、その後は10~40ルピーになる予定。[8]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]