ムミア・アブ=ジャマール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ムミア・アブ=ジャマール(Mumia Abu-Jamal、1954年4月24日 - )は、警察官を殺害したとして死刑判決を受けた政治運動家、ジャーナリスト。1982年よりペンシルベニア州の監獄に収監され死刑執行を待つ身であったが、2001年に連邦地方裁が死刑判決を破棄[1]。しかし有罪判決自体は維持したため、アブ=ジャマールは未だ無期限の保護監督下にある。

アブ=ジャマールの免罪を訴える運動は、反グローバリゼーション死刑廃止論など左派の人々および黒人民族主義者に広く支持されている。アブ=ジャマールの支持者は、彼が10代の頃ブラックパンサー党の高官であったため、大衆に支持されている政治組織を擾乱し破壊することを目的としたFBIの極秘プログラム「コインテルプロ」のターゲットにされたのだと主張している[2][3]

2001年、アブ=ジャマールはパリ市長ベルトラン・ドラノエにより最初のパリ市名誉市民の称号を与えられた[4]。この称号は、基本的自由のための闘いを称えると同時に、称号授与者を保護することを目的とするものである[5]

アブ=ジャマールが獄中で書いた手記の邦訳『死の影の谷間から(原題:Live from Death Row, 1995)』(今井恭平訳、現代人文社)が2001年に刊行された[6]

脚注[編集]

  1. ^ Rimer, Sara (2001年12月19日). “Death Sentence Overturned In 1981 Killing of Officer” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/2001/12/19/us/death-sentence-overturned-in-1981-killing-of-officer.html 2020年2月14日閲覧。 
  2. ^ Mumia Abu Jamal” (フランス語). Libérons Mumia ! (2013年10月14日). 2020年2月14日閲覧。
  3. ^ Pilkington, Ed (2018年7月30日). “‘Intoxicating freedom, gripping fear’: Mumia Abu-Jamal on life as a Black Panther” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/us-news/2018/jul/30/intoxicating-freedom-gripping-fear-mumia-abu-jamal-on-life-as-a-black-panther 2020年2月14日閲覧。 
  4. ^ Mumia Abu Jamal citoyen d'honneur de Paris” (フランス語). L'Obs (2003年10月4日). 2020年2月14日閲覧。
  5. ^ Les citoyens d'honneur de la ville de Paris” (フランス語). Mairie de Paris (2018年6月). 2020年2月14日閲覧。
  6. ^ 死の影の谷間から” (日本語). 現代人文社. 2020年2月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]