ムハンマド・サーレム・バーシンドワ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムハンマド・サーレム・バーシンドワ
محمد سالم باسندوة
Mohammed Basindawa.jpg
生年月日 (1935-04-04) 1935年4月4日(84歳)
出生地 Flag of Aden (1937–1963).svg アデン植民地アデン
所属政党 (社会主義人民党→国民全体会議→)
無所属

在任期間 2011年12月10日 - 2014年11月9日
大統領 アリー・アブドッラー・サーレハ
アブド・ラッボ・マンスール・ハーディー

イエメンの旗 イエメン共和国外務大臣
在任期間 1993年 - 1994年
首相 ハイダル・アブーバクル・アル=アッタース
テンプレートを表示

ムハンマド・サーレム・バーシンドワ (アラビア語: محمد سالم باسندوة, ラテン文字転写: Mohammed Salim Basindawa1935年[1][2]4月4日 - )は、イエメンの政治家、元ジャーナリスト、元商人。前同国首相。外務大臣などを歴任した。

経歴[編集]

アデンに生まれる。若い頃は商人で、スリランカに干物を売っていた[1]

1996年1月の創設以来「占領下南イエメン解放戦線」の幹部を務めるなど独立運動家として活躍、1962年と1967年の2度、イギリス占領当局に逮捕されている[2]。一方で1962年に創設された社会主義人民党の幹部でもあり、1964年には党首になっている。1965年には関心をに向けてタイズに移り、当地で南北統合に向けた努力を行った[1]

1970年代初頭にサナアに移住、以後、政治家として閣僚を歴任[1]し、1993年から1994年にかけては外務大臣を務めた[3][4]。与党・国民全体会議に所属していたが、サーレハ大統領に野党と共に反対するため2000年代初めに無所属となった[5]

2011年の反政府運動においてサーレハ政権後の首相候補として野党より5月の時点で名前を挙げられた[6]。同年8月、革命勢力国民会議の議長となる[2]。 その後も反政府運動は続き、サーレハは11月23日に大統領権限をアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー副大統領に委譲することに同意。挙国一致内閣の首班として野党より指名を受け、11月27日にハーディー副大統領より首相に指名された[4]。12月8日に副大統領によって新政府が承認され、12月10日に首相に就任した[7]

参考文献[編集]

公職
先代:
アリー・ムハンマド・ムジャッワル
イエメンの旗 イエメン共和国首相
第7代:2011年 - 2014年
次代:
ハーリド・バハーハ英語版
先代:
アブドルカリーム・アル=イリヤーニー英語版
イエメンの旗 イエメン共和国外務大臣
1993年 - 1994年
次代:
アブドルカリーム・アル=イリヤーニー英語版