アリー・ムハンマド・ムジャッワル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
アリー・ムハンマド・ムジャッワル
علي محمد مجور
イエメンの旗 第6代 イエメン共和国首相
任期
2007年3月31日 – 2011年12月10日
大統領 アリー・アブドッラー・サーレハ
アブド・ラッボ・マンスール・ハーディー(代行)
前任者 アブドルカーデル・バージャンマール
後任者 ムハンマド・サーレム・バーシンドワ
個人情報
生誕 1953年
シャブワ県[1]
国籍 イエメン
政党 国民全体会議(GPC)
宗教 イスラム教スンナ派

アリー・ムハンマド・ムジャッワルアラビア語: علي محمد مجور‎、: Ali Mohammed Mujawar1953年 - )は、イエメン政治家、学者。電力相を経て、2007年3月31日から同国の首相を務めている[2]

1981年にアルジェ大学を卒業し、1991年にフランスのグルノーブル大学で生産管理学博士号を取得、アデン大学で石油資源学部長、経営学部長、経済学部経営管理学科長などを歴任した[3]

アメリカ同時多発テロ(9.11)、2009年11月5日のフォートフッド基地発砲事件、デルタ航空機爆破テロ未遂事件らの実行犯を手配したアルカーイダの上級勧誘員、アンワル・アウラキとは親戚関係にあたる[4]

2011年に発生したアラブの春の中、イエメンでも2011年イエメン騒乱が発生し、6月3日に大統領宮殿の敷地内にあるモスクが反政府勢力により砲撃されたことによりサーレハと共にムジャッワルも負傷。サウジアラビアに搬送され、8月6日にサーレハと同時に退院[5]。8月23日にムジャッワルのみ帰国を果たした[6]。11月23日にサーレハが大統領権限をアブド・ラッボ・マンスール・ハーディー副大統領らに委譲し、同時に野党との挙国一致政権を樹立することで合意したことを受け、12月10日に首相を退任することが決まった[7]

脚注[編集]


公職
先代:
アブドルカーデル・バージャンマール
イエメンの旗 イエメン共和国首相
第6代:2007 - 2011
次代:
ムハンマド・サーレム・バーシンドワ