ムナグロシャコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ムナグロシャコ
ムナグロシャコ
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ亜目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: シャコ属 Francolinus[2]
: ムナグロシャコ
F. francolinus
学名
Francolinus francolinus
(Linnaeus1766)
和名
ムナグロシャコ
英名
Black Francolin
Francolinus francolinus

ムナグロシャコ (胸黒鷓鴣、Francolinus francolinus)は、キジ目キジ科の鳥である[3]

分布及び生息数[編集]

キプロス、トルコからシリア・イラク・イラン・アフガニスタン・パキスタン・インドにかけて、またヨルダン周辺、アゼルバイジャン周辺などに生息し[4]、生息数は2012年時点で30万尾以上85万尾未満と推計されている[5]。スペイン、イタリアでは絶滅、サウジアラビア、バングラディッシュでも絶滅したとみられる[5]

形態[編集]

体長は平均31センチほど、体重は平均450グラム程度[6]。オスは、頭・胸・腹・脇が黒地に白い斑点、頭と胸の間に茶色の首輪状の模様、背と翼は黒地に白や茶色のラインが、尻尾は黒地に白く細いラインが、それぞれ沢山見られ、尻尾の下は茶色となっている[6]

生態[編集]

低地の沿岸地域の農地や河川沿いの葦の密集した低木林、樹木が少ない草むらなどに主に生息している[7][6]。開けた場所に出てくることは少なく、大抵は適度に植物に覆われている場所に隠れて生活している[6]

繁殖はトルコ南部では3月から5月にかけて行われ[7]、産卵個数は、バード・インターナショナルによれば「7個から12個」[7]、ParsTodayによれば「初めての産卵では、2個から5個の卵を産み、その後は産卵シーズンがめぐってくるたびに、産卵する卵の数が増え、およそ20個にも達します」とされている[6]。巣は浅い窪みのある形状で潅木の間や小麦畑などに設けられ、草・枝などで作られていたり、草木の茂みに隠れていたりする[7][6]。何かの事情で卵の数が減ると、残りの卵を放棄し、別の場所に営巣し直し産卵するという習性がある[6]

食性は雑食性で、昆虫・イモムシ類の他に、植物の種子・新芽・葉・塊茎、穀物、イチジク・ブドウなどの果物等を食べる[7][6]

脚注[編集]