ミールザー・ファトフル・ムルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミールザー・ファトフル・ムルク
Mirza Fath-ul Mulk
ムガル帝国皇子
Prince Fakhr-ud Din Mirza, eldest son of Bahadur Shah II, 1856.jpg
ミールザー・ファトフル・ムルク

全名 ミールザー・ムハンマド・スルターン・シャー
出生 1816年
デリーデリー城
死去 1856年7月10日
デリーデリー城
子女 ミールザー・アブー・バフト
父親 バハードゥル・シャー2世
母親 ラヒーム・バフシュ・バーイー
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ミールザー・ファトフル・ムルク(Mirza Fath-ul Mulk, 1816年 - 1856年7月10日)は、北インドムガル帝国の皇帝バハードゥル・シャー2世の三男。グラーム・ファフルッディーン(Ghulam Fakhr ud-din)、ミールザー・ファフルー・サーヒブ(Mirza Fakhru Sahib)とも呼ばれる。

生涯[編集]

1816年ムガル帝国の皇帝バハードゥル・シャー2世とその側室ラヒーム・バフシー・バーイーとの間に生まれた[1]

1849年2月8日、兄ミールザー・ダーラー・バフト皇子が死亡したことにより皇太子位を継承し、1852年1月23日にはイギリス東インド会社にも認められた[1]

1856年7月10日コレラに罹患したことが原因で死亡した[1]

出典・脚注[編集]

関連項目[編集]