ミンスミート作戦 (1941年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミンスミート作戦 (Operation Mincemeat) とは、第二次世界大戦中の1941年8月に行われたイギリス海軍空母艦載機による、サルデーニャ島空襲である。この空襲によりイギリス軍マルタへの補給作戦を実行中であると思わせ、リヴォルノ沖への機雷敷設を行う高速機雷敷設艦マンクスマンから敵の注意をそらすことを目的として実行された。空襲と機雷敷設は両方とも成功した。

8月21日深夜にジェームズ・サマヴィルが率いるH部隊戦艦ネルソン(旗艦)、空母アーク・ロイヤル軽巡洋艦ハーマイオニー駆逐艦ネスターエンカウンターフォアサイトフューリージブラルタルから出撃し、マンクスマンも8月22日にジブラルタルから出撃した。8月24日2時50分にアーク・ロイヤルから10機のソードフィッシュが発進し、テンピオ・パウザーニア付近の森林に火災を発生させた。ソードフィッシュは全機帰還した。マンクスマンも8月24日の2時8分から3時38分の間に140個の機雷敷設を完了した。マンクスマンは8月25日23時にジブラルタルに到着した。

イタリアイギリスの船団が航行中であると思い込み、戦艦リットリオヴィットリオ・ヴェネト重巡洋艦トリエステトレントボルツァーノゴリツィアと駆逐艦19隻がイギリス艦隊迎撃のため出撃した。また、軽巡洋艦ルイージ・ディ・サヴォイア・ドゥーカ・デッリ・アブルッツィムツィオ・アッテンドーロライモンド・モンテクッコリ、駆逐艦5隻が船団攻撃に向かった。だが何も発見できずイタリア艦隊は帰還した。その際ボルツァーノがイギリス潜水艦トライアンフに雷撃され損傷した。

イタリア艦隊の出撃は潜水艦アップホルダーによって報告され、サマヴィルはそれに対する攻撃をおこなおうと考えた。8月24日16時15分にアーク・ロイヤルから偵察機が発進したが何も発見できず、8月26日にH部隊はジブラルタルに帰投した。

参考文献[編集]

  • The Royal Navy and the Miditerranean, Volume II:November 1940-December 1941, Frank Cass Publishers, 2002, ISBN 0-7146-5205-9
  • Raymond Dannreuther, Somerville's Force H, Aurum Press, 2006, ISBN 1-84513-178-9
  • Jack Greene and Alessandro Massignani, The Naval War in the Miditerranean 1940-1943, Chatham Publishing, 2002, ISBN 1-86176-190-2
  • Jurgen Rohwer, Chronology of the War at Sea 1939-1945, Naval Institute Press, 2005, ISBN 1-59114-119-2
  • Christopher Langtree, The Kelly's, Naval Institute Press, 2002, ISBN 1-55750-422-9