ミュージシャン (バンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミュージシャン
Mujician
出身地 イギリスの旗 イギリス
ジャンル ジャズ
活動期間 1988年 - 2010年
旧メンバー ポール・ダンモール
キース・ティペット
ポール・ロジャース
トニー・レヴィン

ミュージシャン (Mujician)は、即興によるジャズ・カルテットである。中心メンバーは、ポール・ダンモール(管楽器)、キース・ティペット(ピアノ)、ポール・ロジャース(ベース)、トニー・レヴィン(ドラム、パーカッション)[1][2][3]。バンドの名前は「ティペットの娘に由来し、父親が生計のために何をしているのかを説明している」[3]

ミュージシャンは、1988年に結成された[2]。彼らの最初のアルバム『The Journey』は、1990年のバース・フェスティバルでのライブ録音が1曲として収録されている[2][3]。アルバム『Poem About The Hero』もまた、少数の聴衆の前で行われたライブ録音である。最初のスタジオ・セッションは1997年に制作されたアルバム『Colors Fulfilled』[2]となった[3]。2000年発表のアルバム『ブリストル・コンサート』は、1991年に録音されたもの[2]で、ボーカルのジュリー・ティペッツとザ・ジョージアン・アンサンブルが加わっている[3]。これに『スペースタイム』(2001年)および『ゼアーズ・ノー・ゴーイング・バック・ナウ』(2005年)というアルバムが続いた[3]。ミュージシャンは4人のメンバーからなる同じコア・グループを保持しつつ、2010年にレヴィン70歳の誕生日を迎えるまでツアーを行った[4]。ドラマーのレヴィンが翌年2月に亡くなったため、このツアーが最終的なパフォーマンスとなった[4]

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

  • The Journey (1990年、キュニフォーム)
  • Poem About The Hero (1994年、キュニフォーム)
  • 『バードマン』 - Birdman (1996年、キュニフォーム)
  • Colours Fulfilled (1998年、キュニフォーム)
  • 『ブリストル・コンサート』 - The Bristol Concert (2000年、What Disc) ※with ザ・ジョージアン・アンサンブル。1991年録音
  • 『スペースタイム』 - Spacetime (2002年、キュニフォーム)
  • 『ゼアーズ・ノー・ゴーイング・バック・ナウ』 - There's No Going Back Now (2006年、キュニフォーム)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ポール・ロジャースとトニー・レヴィンは、それぞれボーカリストのポール・ロジャース、ベーシストのトニー・レヴィンとは同姓同名の別人。
  2. ^ a b c d e Dorsch, Jim. “Mujician”. AllMusic. 2018年12月22日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Cook, Richard; Morton, Brian (2008). The Penguin Guide to Jazz Recordings (9th ed.). Penguin. p. 1051. ISBN 978-0-141-03401-0. 
  4. ^ a b Fordham, John (2011年2月23日). “Tony Levin Obituary”. The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2011/feb/23/tony-levin-obituary 

外部リンク[編集]