ミュルーズ交響楽団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ミュルーズ交響楽団(ミュルーズこうきょうがくだん、: Orchestre symphonique de Mulhouse)は、 フランスミュルーズを拠点に活動するオーケストラである[1]

歴史[編集]

ミュルーズの市民オーケストラとして1867年に発足した。1972年ミュルーズ・レジオナル管弦楽団(Orchestre Régional de Mulhouse)に改称し、1979年からミュルーズ交響楽団として活動するようになった。ラン国立オペラフランス語版のオペラ公演では、オーケストラ・ピットでの演奏をストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団との持ち回りで務める。オフシーズン時にコンサート活動を行う[2]

1975年以後の音楽監督[編集]

ディスコグラフィー[編集]

  • Glanzberg (Holocaust Lieder, Suite Yiddish), Roman Trekel (baryton) - direction Daniel Klajner
  • Airs d’opéras français et italiens (Rossini, Ponchielli, Leoncavallo, Saint-Saëns, Bizet) - Maria-Riccarda Wesseling (mezzo-soprano), Victor Dernovski (premier violon), Urmas Tammik (violoncelle solo), direction Daniel Klajner
  • Chansons de toujours (Plaisirs d’amour, Le Temps des cerises, La chanson des blés d’or…) - José Van Dam (baryton), direction Cyril Diederich
  • Strauss / Sonzogno (Valses, polkas et autres danses) - direction Lucas Pfaff

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]