ミッター・デル・ムンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ミッター・デル・ムンド
ミッター・デル・ムンド
ミッター・デル・ムンド
敷地内に存するアントニオ・デ・ウジョーアの胸像

ミッター・デル・ムンド(Ciudad Mitad del Mundo、Middle of the World City、赤道記念碑)は、エクアドルにあるキトの北約23kmに位置し、北半球南半球を分ける赤道上に建てられている赤道記念碑のこと。

概要[編集]

"Ciudad Mitad del Mundo" とはスペイン語で「世界の真ん中」という意味である。「エクアドル」という国名がそもそも、スペイン語の「赤道」に由来する。この碑は赤道上に建てられ、周辺は記念公園として諸施設が建てられ、観光地となっている。のちの測量技術の進歩により、当碑は実は正確な赤道上になく少しずれていることが判明した。現在、徒歩数分にある真の赤道上には赤道博物館が建てられている。


脚注[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]