西カリマンタン州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
西カリマンタン州
Kalimantan Barat
Coat of arms of West Kalimantan.svg
州の標語: Akcaya(Tak Kunjung Binasa)
IndonesiaWestKalimantan.png
座標 北緯0度00分 東経110度30分 / 北緯0.000度 東経110.500度 / 0.000; 110.500座標: 北緯0度00分 東経110度30分 / 北緯0.000度 東経110.500度 / 0.000; 110.500
州都 ポンティアナック
知事 Cornelis MH
面積 146,807 km²
人口 454万6439(2014年)
民族 マレー人ダヤク人華人ジャワ人マドゥラ族ブギス人
宗教 イスラム教 (57.6%)、カトリック (24.1%)、
プロテスタント (10%)、ヒンドゥー教、 (0.2%)、lain-lain (1.7%)
言語 インドネシア語マレー語ダヤク語中国語
時間帯 WIB (UTC+7)
ISO ID-KB
公式サイト www.kalbar.go.id/

西カリマンタン州(にしカリマンタンしゅう、インドネシア語:Kalimantan Barat、略:Kalbar)は、インドネシアカリマンタン島に5つある同国の州の一つである。州都ポンティアナックは赤道直下にある。人口の約29%はポンティアナック市内に住んでいる。経済発展が遅れている地方のひとつである[1]

地理[編集]

同州と他地域の境界は大体カプアス川分水嶺をなす山脈と一致しており、同州のほとんどが同川の流域となっている。

行政[編集]

同州の下には2(kotamadya)12(kabupaten)が置かれている。

[編集]

  1. サンバス県英語版 - (サンバス王国英語版)
  2. ベンカヤン県英語版 - (Benkayang)
  3. ランダッ県英語版 - (Ngabang)
  4. ポンティアナック県英語版 - (Mempawah)
  5. サンガウ県英語版 - (Batang Tarang)
  6. ケタパン県英語版 - (ケタパン英語版)
  7. シンタン県英語版 - (Sintang)
  8. カプアス・フル県英語版 - (Putussibau)
  9. セカダウ県英語版 - (Sekadau)
  10. メラウィ県英語版 - (Nanga Pinoh)
  11. 北カヨン県英語版 - (スカダナ英語版)
  12. クブ・ラヤ県英語版 - (Sungai Raya)

[編集]

  1. ポンティアナック
  2. シンカワン

歴史[編集]

主にダヤク人が居住する地域だったが17世紀にマレー人が移住[2]。先住民であるダヤク人が国家を形成することはなく、16世紀にはマジャパヒト王国の王子が西カリマンタン最古の王朝であるスカダナを建国[3]。18世紀には西ボルネオの海岸沿いや内陸部の河川上にマレー人やブギス人が支配者層である港市国家が多数存在し、1771年には海賊活動によって勢力を拡大したアブドゥルラフマーンがカプアス河口にポンティアナック王国を建国、また華人の商人や労働者の流入も増大し、1777年(もしくは1840年)にはカプアス河の内陸に客家華僑の鉱山(金鉱)労働者による共和国蘭芳公司」も成立した[4][5]

1800年よりオランダ領東インドとなる。植民地時代からマレー人によるダヤク人の抑圧など、多民族地域ゆえの民族紛争が絶えず続く。1942年から1945年までは日本の統治下にあり、1943年にはポンティアナック事件が発生。

1960年代半ばのスカルノ政権時代には、西カリマンタンはインドネシアとマレーシアとの間の武力衝突の舞台となった。

スハルト1965年にスカルノを失脚させた後は、武力衝突はすみやかに終息したが、この武力衝突の間に非合法組織インドネシア共産党 (PKI) の後ろ盾で武装勢力が組織され、スハルト軍事政権との間でさらに10年間に及ぶ内戦が続いた。1968年から反マドゥラ人暴動がたびたび起こり、1990年代には大量のマドゥラ人難民を生んだ[6]。スハルト時代には、カリマンタンでは豊富な森林資源とプランテーションをもとにした森林開発が推進された[7]

1998年に中央集権的なスハルト体制が崩壊すると地方分権的民主体制へと大きく転換し、西カリマンタンでは森林事業の下請けを地元の華人業者が担っていたことから、各地に群雄割拠した中小規模の経済・社会的有力者たちと親交のある県役人や県政治家が地方首長ポストをめぐって鏑を削るようになった[7]

2001年に1市6県から2市8県になる。

参考文献[編集]

  • Davidson, Jamie S. and Douglas Kammen (2002). Indonesia's unknown war and the lineages of violence in West Kalimantan. Indonesia 73:53.

外部リンク[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西カリマンタン州公立病院医療サービス改善計画JAICA、ODA見える化サイト、2005年3月
  2. ^ Wikipedia英語版West Kalimantan
  3. ^ 南西カリマンタンの海洋移民と国家 ―1760-1850年太田淳、21世紀海域学の創成 報告書、立教大学アジア地域研究所
  4. ^ 近代「客家(Hakka)社会」の形成 -清代中期から民国初期における広東客家社会の発展過程一橋大学博士論文審査要旨、2004年7月14日
  5. ^ 港市国家ポンティアナックの成立と近世後期東南アジア海域世界冨田暁、東南アジア学会第79回研究大会、2008年6月7日
  6. ^ 民族紛争と国民国家建設 - インドネシアの地方分権と西カリマンタン州の不良開発を例に木村宏恒、熊本学園大学経済論集、2003
  7. ^ a b スハルト体制崩壊後のインドネシア地方政治 : 西・中部・東カリマンタンの利権を握るのはどういった人たちか森下明子, 京都大学博士論文要旨、2006-03-23