ミシェル・アリニョン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミシェル・アリニョンMichel Arrignon, 1948年 - )はフランスクラリネット奏者・教育者。

16歳でパリ国立高等音楽院に入学し、アンリ・ドゥレクリューズに師事する。18歳でクラリネット室内楽プルミエ・プリを得て卒業。そのまま、室内楽の特進クラスに進み、その後ドゥレクリューズの薦めで渡米、ミシガン大学で研鑽を積む。

1972年ジュネーヴ国際音楽コンクールで2位を受賞。

フランスに帰国後、1978年から1983年までピエール・ブーレーズが率いるアンサンブル・アンテルコンタンポランで活動。その後、1984年から1989年までパリ・オペラ座管弦楽団のスーパー・ソリストを務めると同時に、オルレアン国立音楽院の教授にも就任した。

パリ・オペラ座管弦楽団に5年間在籍した後、1989年ギィ・ドゥプリュの後任としてパリ国立高等音楽院の教授に指名され、現在に至る。

アリニョンは、フランス国内のみならず世界中でマスタークラスを開催し、教育活動に情熱を傾けている。日本でも毎年、欧日音楽講座を中心に各地でコンサート、マスタークラスを開いている。

また、ビュッフェ・クランポンの製品テスターも務め、近年ではTosca-Clarinetの開発に携わった。

アリニョンに師事した日本人クラリネット奏者[編集]