マーシュランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーシュランド
La isla mínima
監督 アルベルト・ロドリゲス
脚本 アルベルト・ロドリゲス
ラファエル・コボス
出演者 ラウール・アレバロ
ハビエル・グティエレス
ネレア・バロススペイン語版
アントニオ・デ・ラ・トーレ
音楽 フリオ・デ・ラ・ロサ
撮影 アレックス・カタラン
編集 ホセ・M・G・モジャーノ
製作会社 アティピカ・フィルムズ
サクモロンテ・フィルムズ
アトレスメディア・シネ
配給 ワーナー・ブラザース
日本の旗 クロックワークス[1]
公開 スペインの旗 2014年9月26日
日本の旗 2015年10月17日[1]
上映時間 105分[1]
製作国 スペインの旗 スペイン
言語 スペイン語
テンプレートを表示

マーシュランド』(スペイン語: La isla mínima)は、2014年にスペインで制作されたスリラー映画。監督はアルベルト・ロドリゲス。題名はラス・マリスマス(グアダルキビール湿地)を意味している。スペインでは2014年9月26日に公開された。2014年2月の第29回ゴヤ賞では作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞など、10部門(最多)で受賞した[1]。日本ではクロックワークスが配給し、「ワールド・エクストリーム・シネマ2015」の一部として、2015年10月17日から東京都渋谷区のヒューマントラストシネマ渋谷で公開され、11月14日から神戸市のCinema KOBEで、12月5日から沖縄県中頭郡北谷町のミハマ7プレックスで公開された[1]

プロット[編集]

グアダルキビール川河口部の湿地帯

1939年から1975年まで続いたフランコ独裁体制の爪痕がいまだに残っている、1980年のスペイン・アンダルシア州にある小さな町が舞台である。首都マドリードからラス・マリスマス(グアダルキビール湿地)近くの町に左遷された刑事のペドロは、町の祭礼中に強姦されて殺害された2人の少女の事件を捜査する。ペドロはベテラン刑事のフアンとコンビを組み、過去にも似たような少女の失踪事件が起こっていることに気付く。ふたりの捜査方針の違い、貧困、差別、汚職、小児性愛、麻薬密売など多くの問題に行く手を阻まれながら、ペドロとフアンは冷酷な犯罪者と対面する。[2][1]

キャスト[編集]

  • ラウール・アレバロ(ペドロ・スアレス刑事役)
  • ハビエル・グティエレス(フアン・ロブレス刑事役)
  • アントニオ・デ・ラ・トーレ(被害者の父親ロドリゴ役)
  • ネレア・バロススペイン語版(被害者の母親ロシオ役)
  • ヘスス・カストロ(女たらしの好青年キニ役)
  • メルセデス・レオンスペイン語版(猟師宿の女主人カーサ・ソト氏役)
  • アデルファ・カルボ(フェルナンダ役)
  • マノロ・ソロ(ジャーナリスト役)
  • サルバドール・レイナ(ヘスス役)
  • ヘスス・カロサ(ミゲル役)
  • フアン・カルロス・ビリェヌエバ(アンドラーデ判事役)
  • アルベルト・ゴンサレス(アルフォンソ・コラレス役)
  • マヌエル・サラス(セバスティアン・ロビラ役)
  • セシリア・ビリャヌエバ(マリア役)
  • アナ・トメノ(マリーナ役)

評価[編集]

ABC紙の批評家であるパブロ・パソスは『マーシュランド』を2014年最高のスペイン映画のひとつと絶賛し、社会政治学的な伏線を持った息が詰まる警察物のスリラー映画と定義している[3]。またABC紙のパソスは、2014年にアメリカ合衆国で放送された刑事ドラマ『TRUE DETECTIVE』との類似性を指摘しているが、『マーシュランド』の撮影は『TRUE DETECTIVE』の放映より前に開始されている[4]

受賞とノミネート[編集]

2014年9月のサン・セバスティアン国際映画祭では作品賞を含む4部門にノミネートされ、主演男優賞(ハビエル・グティエレス)など3部門で受賞した。第2回フェロス賞ではドラマ部門作品賞や監督賞など5部門で受賞した。

2015年2月の第29回ゴヤ賞では、主演男優賞にはラウール・アレバロとハビエル・グティエレスが揃ってノミネートされたほか、のべ17部門にノミネートされた[5]。作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、新人女優賞、作曲賞、撮影賞、編集賞、美術賞の10部門(最多)で受賞した。

映画祭/映画賞 部門 対象者 結果
サン・セバスティアン国際映画祭[6] 作品賞 ノミネート
主演男優賞 ハビエル・グティエレス 受賞
撮影賞 アレックス・カタラン 受賞
I Premio Feroz Zinemaldia 受賞
第2回フェロス賞[7] ドラマ部門作品賞 受賞
監督賞 アルベルト・ロドリゲス 受賞
脚本賞 アルベルト・ロドリゲス
ラファエル・コボス
ノミネート
主演男優賞 ラウール・アレバロ ノミネート
ハビエル・グティエレス 受賞
助演男優賞 アントニオ・デ・ラ・トーレ ノミネート
助演女優賞 ネレア・バロススペイン語版 ノミネート
作曲賞 フリオ・デ・ラ・ロサ 受賞
予告編賞 受賞
ポスター賞 ノミネート
第29回ゴヤ賞[8] 作品賞 受賞
監督賞 アルベルト・ロドリゲス 受賞
脚本賞 ラファエル・コボス
アルベルト・ロドリゲス
受賞
主演男優賞 ラウール・アレバロ ノミネート
ハビエル・グティエレス 受賞
助演男優賞 アントニオ・デ・ラ・トーレ ノミネート
助演女優賞 メルセデス・レオンスペイン語版 ノミネート
新人女優賞 ネレア・バロススペイン語版 受賞
作曲賞 フリオ・デ・ラ・ロサ 受賞
撮影賞 アレックス・カタラン 受賞
編集賞 ホセ・M・G・モジャーノ 受賞
プロダクション賞 マヌエラ・オコン ノミネート
美術賞 ペペ・ドミンゲス 受賞
衣裳デザイン賞 フェルナンド・ガルシア ノミネート
メーキャップ・ヘアスタイル賞 ジョランダ・ピーニャ ノミネート
音響賞 ダニエル・デ・サジャス
ナチョ・ロジョ=ビリャノバ
ペラージョ・グティエレス
ノミネート
特殊効果賞 ペドロ・モレーノ
フアン・ベントゥーラ
ノミネート
フォトグラマス・デ・プラータ 作品賞 受賞
第28回ヨーロッパ映画賞 観客賞 受賞

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f マーシュランド ワールド・エクストリーム・シネマ2015 クロックワークス
  2. ^ La isla minima”. eCartelera. 2015年10月22日閲覧。
  3. ^ "La isla mínima": llega la mejor película española del año” (Spanish). ABC (2014年9月26日). 2015年10月22日閲覧。
  4. ^ Una intriga seca en un mundo húmedo” (Spanish). ABC (2014年9月26日). 2015年10月22日閲覧。
  5. ^ スペイン・アカデミー賞10部門受賞、映画『マーシュランド』渋谷で限定上映 小さな街を襲う凶悪事件 Fashion Press,
  6. ^ Palmarés de la 62 edición del Festival de San Sebastián” (Spanish). Festival de San Sebastián (2015年10月22日). 2014年12月17日閲覧。
  7. ^ Lista de nominados a los Premios Feroz 2015” (Spanish). Premios Feroz (2014年12月17日). 2014年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月16日閲覧。
  8. ^ Candidaturas - La isla minima” (Spanish). Premios Goya. 2015年10月22日閲覧。

外部リンク[編集]