マークスグループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マークスグループ
Marks Group.
本社所在地 151-0053
東京都渋谷区代々木1-58-7 ヴェラハイツ代々木
業種 サービス業
事業内容 株式会社マークスジャパン
株式会社ファイブプロモーション
株式会社ファイブプロモーション バルドエージェンシー事業部
代表者 高山祐次
外部リンク http://marksgroup.co.jp/
テンプレートを表示

マークスグループ(英語:Marks Group.)は、日本AV事務所、AVプロダクションである。マークスグループは所属モデルの仕事条件、年齢に合わせて、マークスジャパン、ファイブプロモーション、バルドエージェンシーの3つの部門でマネージメントしている[要出典]

概要[編集]

会社設立当時は、企画系事務所だったが、現在では単体女優、グラビアアイドルなど500名以上が所属しているプロダクションである。業務は、AVの他に、タレント、イメージビデオ、撮影会、Vシネマ、チャットイベント、ヌードモデル、携帯サイトモデル、インターネットモデルと多くのジャンルを手がける。またDMMライブチャット、エンジェルライブ、チャットピア、マシェリの正規代理店でもある[要出典]

オフィスオールドクルーCoCoプロモーションドルチェプロモーションバンビプロモーションベネスプロモーションとともに、大手AV事務所6社で宣材tvを運営している[1]

不正行為・事件[編集]

「アダルトビデオに出演させ、公衆道徳上、有害な業務に就かせたと」して、社長ら幹部3名が警視庁によって逮捕されていた。直接の逮捕容疑は「2013年9月ごろに、同意書(事前に説明がなく無効と女性が主張していた)を書かせアダルトビデオに出演させた」ことによるもの。調べによると、被害者は、2009年に同社とグラビアモデルとして契約した20代の女性で、アダルトビデオの出演を拒否したものの、契約書に「アダルト作品も含む」という項目があったため「違約金を払えなければ親に請求書を送って払ってもらうぞ」などと脅され仕方なく出演したと報じられている。女性は100本以上に出演したが、2014年ごろ弁護士に相談し契約を解除し、警視庁が捜査を進めていた。[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 宣材tv”. 2013年10月6日閲覧。
  2. ^ 時事通信社 2016年6月12日

外部リンク[編集]