マーガレット・ボラディル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マーガレット・ワトソン・ボラディル(Margaret Watson Borradail、1834年 - 1870年7月13日)は、香港でのイギリス人商人トマス・ボラディルの妻。旧姓はマックリーン(Maclean)。生麦事件に遭遇したイギリス人の一人。

1860年、名門商人であったトマス・サルケルド・ボラディルと結婚した。

1862年横浜に住む姉クレメンティナを訪ねて来日する。義兄ウィリアム・マーシャルに誘われて、ウッドソープ・クラークチャールス・リチャードソンを加えた4人で川崎大師への小旅行へ出かけることになった。しかしその途中の生麦村(現・横浜市鶴見区生麦)で、島津久光の行列一行と遭遇し、共に先頭を騎馬で歩いていたリチャードソンが薩摩藩士に斬りつけられた(生麦事件)。自身はマーシャルにすぐに逃げるように言われたため、帽子を落としただけで現場を抜け出ることに成功する。その後、全速力で横浜へ引き返し、事件の第一報を伝えた。

事件では傷を負うことはなかったが、間もなく香港を離れてイギリスに帰国した。娘を出産した際に難産もあって亡くなった。その際の死因には精神的問題も指摘されており、生麦事件での精神的ダメージが大きかったことをうかがわせる。

参考文献[編集]

  • 宮澤眞一 『「幕末」に殺された男-生麦事件のリチャードソン』 新潮社新潮選書〉、1997年