マル (トルクメニスタン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マル (都市)から転送)
移動先: 案内検索
マル
Mary
メルブ遺跡
メルブ遺跡
座標 : 北緯37度36分 東経61度50分 / 北緯37.600度 東経61.833度 / 37.600; 61.833
行政
トルクメニスタンの旗 トルクメニスタン
 州 マル州
 市 マル
人口
人口 (1989年現在)
  市域 92,290人

マルMary)は、トルクメニスタンマル州の州都。かつてはメルブ (Merv, Meru), Margianaなどと呼ばれた。人口ではトルクメニスタンで4番目の都市である。 カラクム砂漠の中のシルクロードオアシス都市で、ムルガブ川英語版が流れる。

歴史[編集]

マルグッシュ遺跡[編集]

メルブ時代[編集]

近代[編集]

1884年帝政ロシアがこの地に侵攻し、アフガニスタンとの間にパンジェ紛争ロシア語版英語版(Panjdeh Incident) を引き起こす。その後、ロシアの軍事拠点として入植が進んだ。英印軍1918年機関銃で武装したパンジャーブ人が主体の中隊を派遣、マル周辺でボルシェビキ軍と対峙した。 ソビエト連邦時代には灌漑施設が整備され、綿花産業の中心として発展した。1968年には、市の西部で天然ガスが発見された。メルブ遺跡は市の郊外にある。

経済[編集]

マリはトルクメニスタンで4番目に大きな都市であり、重要な輸出品である天然ガスと綿花生産の中核を担っている。また、綿花、穀物、羊毛の貿易の中心地でもある。

姉妹都市[編集]