マルチトール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
マルチトール
識別情報
CAS登録番号 585-88-6
E番号 E965 (その他)
特性
化学式 C12H24O11
モル質量 344.31 g/mol
融点

145 °C

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

マルチトール (maltitol) は、糖アルコールの一種。酵素糖化法によって澱粉からつくられる二糖類マルトースを原料として高圧下で接触還元して得られる。カルボニル基を持たないために褐変反応が起こらず、耐熱性に優れている。

マルチトールは、砂糖の約90%の甘味を有し、腸管から比較的吸収されにくく、ヒトの小腸粘膜酵素によるマルチトールの分解はマルトースの1/40程度の分解にすぎない[1]

虫歯への影響[編集]

マルチトールは一般に「虫歯(う蝕)の原因にならない」「酸を生成しない」という宣伝がされており、酸素が存在する状況下での研究では少量の酸(砂糖の20%)を生成するが、実際の歯垢中は無酸素状態のため、その酸が虫歯の原因になる可能性はない[2][3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ マルチトールの分解におよぼすマルトースならびに食餌の影響、奥恒行、金順姫、細谷憲政、東京大学医学部保健栄養学教室、栄養と食糧、Vol.34、No.2、145~151、1981
  2. ^ キシリトールと甘味料[要出典]
  3. ^ キシリトールの「うそ」と「ほんと」”. www.toothfriendly-sweets.jp. 2022年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]