マルチチャネルアクセス無線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マルチチャネルアクセス無線(マルチチャネルアクセスむせん、英語: multi-channel access radio system)は、複数の無線局が複数の無線チャネルを共同使用することで、電波帯域を有効利用する技術である。なお、チャネル制御が指令局の指令で行われるものと、各無線局が自立的に行うものとがある。

主な特徴[編集]

  • 交信の時間の差を利用して多くの無線局を収容できる。
  • 指令局方式の場合、一斉同報通信が可能である。
  • 自立制御の場合、段階的なサービスエリアの拡大が可能である。

主な用途[編集]