マルコム・シェパード (第2代シェパード男爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

第2代シェパード男爵マルコム・ニュートン・シェパード: Malcolm Newton Shepherd, 2nd Baron Shepherd1918年9月27日 - 2001年4月5日)は、イギリスの政治家、貴族、陸軍軍人

貴族院労働党の重鎮だった。

経歴[編集]

1918年9月27日に後に初代シェパード男爵に叙されるジョージ・シェパード英語版とその妻エイダ(旧姓ニュートン)の間の長男として生まれる[1][2]。父ジョージは1929年から1946年まで労働党でナショナル・エージェント(National Agent)を務めていたが、労働党系貴族院議員を増やそうとしていたアトリー政権下の1946年にシェパード男爵に叙されて貴族院議員に列し、1949年から1951年にかけて名誉帯剣紳士隊長英語版(貴族院与党幹事長英語版)を務めた[2]

第二次世界大戦時には陸軍に召集され、北アフリカ戦線やシチリア島、イタリア本土での戦いに従軍した[1]

1954年12月に父が死去し、第2代シェパード男爵位を継承して貴族院議員に列した[3]

第1次ウィルソン内閣期の1964年から1967年にかけて名誉帯剣紳士隊長と貴族院与党幹事長を務めた[2]1965年には枢密顧問官に列する[2]1967年から1970年にかけては同内閣のコモンウェルス担当閣外大臣(Minister of State, Commonwealth Office)を務めた[2]。また1968年から1970年にかけては貴族院院内総務代理を務めた[2]

1974年から1976年にかけては第2次ウィルソン内閣で貴族院院内総務英語版王璽尚書を務めた[2]

1999年の貴族院改革で世襲貴族の議席が制限されたが、彼は一代貴族に叙されて貴族院の議席を保った[2][3]

2001年4月5日に死去した。世襲貴族爵位のシェパード男爵位は一人息子のグレーム・シェパード英語版が継承した[1][2]

栄典[編集]

爵位[編集]

1954年12月4日の父の死により以下の爵位を継承した[2]

1999年11月16日に以下の爵位を新規に叙された[2][1]

  • リンカンシャー州におけるスポルディングのスポルディングのシェパード男爵 (Baron Shepherd of Spalding, of Spalding in the County of Lincolnshire)
    (連合王国一代貴族爵位)

家族[編集]

1941年にアリソン・レドモンド (-1998)と結婚し、彼女との間に一人息子で爵位を継承するグレーム・ジョージ・シェパード英語版 (1949-)を儲けた[2][1]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Lundy, Darryl. “Malcolm Newton Shepherd, Baron Shepherd of Spalding” (英語). thepeerage.com. 2016年3月19日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l Heraldic Media Limited. “Shepherd, Baron (UK, 1946)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2016年3月19日閲覧。
  3. ^ a b UK Parliament. “Mr Malcolm Shepherd” (英語). HANSARD 1803-2005. 2016年3月19日閲覧。

外部リンク[編集]

公職
先代:
第2代セント・アルドウィン伯爵英語版
貴族院与党幹事長英語版
1964年–1967年
次代:
ベズウィク男爵英語版
名誉帯剣紳士隊長英語版
1964年–1967年
先代:
第3代ウィンドルシャム男爵
貴族院院内総務英語版
1974年–1976年
次代:
フレッド男爵英語版
王璽尚書
1974年–1976年
党職
先代:
シャクルトン男爵英語版
労働党貴族院院内総務
1974年–1976年
次代:
フレッド男爵英語版
イギリスの爵位
先代:
ジョージ・シェパード英語版
第2代シェパード男爵
1954年–2001年
次代:
グレーム・シェパード英語版