マルゲリータ・ダウストリア (パルマ公妃)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルゲリータ・ダウストリア

マルゲリータ・ダウストリア(Margherita d'Austria)またはマルゲリータ・ダズブルゴ(Margherita d'Asburgo, 1522年7月5日 - 1586年1月18日)は、パルマオッターヴィオ・ファルネーゼの妃。神聖ローマ皇帝カール5世の庶子で、母はフランデレン人のヨハンナ・マリア・ファン・デル・ヘインスト(Johanna Maria van der Gheynst)。スペイン語名はマルガリータ・デ・アウストリア(Margarita de Austria)。

10月22日、オーデナルドを訪れた父カールは、ある宴会で出会った没落貴族の娘であった母マルガレータ・フアン・ヘースト(通称ヨハンナ)と出会い、ひと時を過ごすと12月12日まで滞在し、いくばくかの金を渡すとともにこの町を去った。[1]

翌年生まれたマルガリータは認知され、父方の大叔母マルグリット、のち叔母マリアの下、ネーデルラントで育つ。1536年フィレンツェアレッサンドロ・デ・メディチと結婚するが、1年後に夫が暗殺される。1538年、オッターヴィオ・ファルネーゼと再婚、双子の男児を生むが、育ったのはアレッサンドロのみだった。

父によって1554年6月6日付で作成された遺言書では、マルガリータを「朕の娘として、大いなる美徳と憐憫の情を以って尊厳し、厚遇するように」と記された。[2]

1559年、異母弟のスペインフェリペ2世の要請によりネーデルラント17州の総督となり、反動的属領政策に協力した。しかし、カルヴァン派を信仰する現地のブルジョアジーであるゴイセン同盟の進出、大衆蜂起など反抗が激化、これらを抑えられずにアルバ公と交代させられた。

1567年以後、イタリアに隠遁した。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 上野健太郎 (2000/7/1). スペインハプスブルク カルロス五世の旅. JTB. 
  2. ^ 伊藤章 (2006/10/30). 南の悪魔フェリッペ2世-スペイン黄金の世紀の虚実Ⅱ. 鳥影社. 
先代:
サヴォイア公エマヌエーレ・フィリベルト
スペイン領ネーデルラント総督
1559年 - 1567年
次代:
アルバ公フェルナンド・アルバレス・デ・トレド