マルク・ミムラム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルク・ミムラム 2013.
2004年のストラスブール花博の期間のミムラムの歩道橋

マルク・ミムラムMarc Mimram)は1955年パリに生まれたフランス構造家建築家

数多くの実現作、橋梁(1992年にパリのレオポール・セダール・サンゴール橋1999年TGV地中海線のラ・ガルド-アデマール鉄橋、等)と同様に、住宅あるいは公共施設(1983-1989年に財務省新庁舎の構想=創案に参加、1998年にヴィリ-シャンティヨンのプール、2006年ラニー゠シュル゠マルヌの水泳センター、等)で名声を博する。彼はエコール・デ・ポン・ゼ・ショセ出身の技師で、かつパリのエコール・デ・ボザールで学位を得た建築家である。

文化省が-すべてのスタディーが完了していたのに-計画の中止を決定する以前には、パリのモリトール・プールの改修に参加するはずだったのも彼である。彼はまたポール・シュメトフについてのものをふくむ数多くの論文の筆者であり、哲学の学位保持者でもある。

外部リンク[編集]

ミムラム事務所公式サイト