ポール・シュメトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ポール・シュメトフ (Paul Chemetov, 1928年9月6日 - ) は、フランスパリ出身の建築家都市計画家

経歴[編集]

1959年エコール・デ・ボザールで学位を取得。1989年までエコール・デ・ポン・ゼ・ショセ、ついでローザンヌのエコール・ポリテクニーク・フェデラルで教える。

1961年ジャック・アレグレによってその前年に創立されたAUA(Atelier d'Urbanisme et d'Architecture,1986年解散)に加入。1998年ボルハ・ウイドブロと共同でアトリエC+H+を創設。

ポール・シュメトフは、建築家=景観計画家・ペイザジストアレクサンドル・シュメトフ(2000年都市計画大賞)の実父である。

主要作品[編集]

受賞[編集]

  • 国民建築大賞 (1980)

受勲[編集]

  • Officier de l'Ordre de la Légion d'Honneur
  • Officier de l'Ordre des Arts et des Lettres
  • Officier de l'Ordre National du Mérite

文献[編集]

  • 1983, Cinq projets, 1979-1982, avec Borja Huidobro, Paris
  • 1985, Paul Chemetov, Construire aujourd'huiParis
  • 1989, Paris banlieue, 1919-1939, avec B. Marrey et M.J Dumont, Paris
  • 1992, La fabrique des villes, Paris
  • 1995, Le territoire de l'architecte, Paris
  • 1996, Mille mots pour la ville, Paris
  • 2002, Un architecte dans le siècle, Paris
  • 2003, Mecano-factures, avec B. Dorny, Paris

外部リンク[編集]