マルガレータ・フォン・エスターライヒ (1567-1633)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オーストリア大公女マルガレータ、1610年頃

マルガレータ・フォン・エスターライヒErzherzogin Margaretha von Österreich, 1567年1月25日 ウィーナー・ノイシュタット - 1633年7月5日 マドリード)は、神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世と皇后マリア・デ・アウストリアの第15子、五女。

スペインフェリペ2世の妹である母皇后によって厳格なカトリック教育を受けた。未亡人となった母は1582年に祖国スペインに帰国する際、末娘のマルガレータを一緒に連れ帰った。翌1583年、マルガレータはクララ修道会の経営するマドリードのラス・デスカルサス・レアレス修道院(Monasterio de las Descalzas Reales)に入り、修道女として静かに生涯を送った。死後、遺骸は同修道院の墓地に葬られた。

参考文献[編集]

  • Richard Reifenscheid: Die Habsburger in Lebensbildern, Piper Verlag (2007) ISBN 978-3-492-24753-5
  • Constantin von Wurzbach: Habsburg, Margaretha (Tochter des Kaisers Maximilian II.). In: Biographisches Lexikon des Kaiserthums Oesterreich. Band 7. Verlag L. C. Zamarski, Wien 1861, S. 14.

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、Margaretha von Österreich (1567-1633)に関するメディアがあります。