マホーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マホーバーヒンディー語:महोबा、ウルドゥー語مہوبا‎、Mahoba)は、インドマディヤ・プラデーシュ州マホーバー県の都市。

歴史[編集]

この地域はチャンデーラ系のラージプートが統治しており、11世紀ヴィジャイパールが人造湖ヴィジャイ・サーガルを建築している。

1182年デリーアジュメールを支配していたプリトヴィーラージ3世がマホーバーを占領した。

1203年にはクトゥブッディーン・アイバクによって占領された。

1680年にはムガル帝国に反乱を起こしたチャトラサールによって占領、その死後はバージー・ラーオの支配下に入った。

1803年第二次マラーター戦争により、イギリス領となった。

地理[編集]

マホーバーは北緯25度17分 東経79度52分 / 北緯25.28度 東経79.87度 / 25.28; 79.87に位置している[1]

人口[編集]

2001年の統計では、78,806人[2]

出典・脚注[編集]

  1. ^ Falling Rain Genomics, Inc - Mahoba
  2. ^ Census of India 2001: Data from the 2001 Census, including cities, villages and towns (Provisional)”. Census Commission of India. 2004年6月16日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年11月1日閲覧。

関連項目[編集]