マヌエル・ルイス・デ・ロペーラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はルイス・デ・ロペーラ第二姓(母方の)はアバロスです。(Template:スペイン語圏の姓名

マヌエル・ルイス・デ・ロペーラ・アバロスManuel Ruiz de Lopera y Ávalos1944年8月13日 - )は、スペインセビージャ出身の実業家。プロサッカーリーグリーガ・エスパニョーラレアル・ベティス元会長・オーナー。2000年にはベティスのスタジアムが、彼の名を取りエスタディオ・マヌエル・ルイス・デ・ロペーラと改称された。

ベティス会長として[編集]

ベティスへの熱烈な愛情を見せる熱心なオーナーとして知られる。アトレティコ・マドリード会長だったヘスス・ヒルとは不仲で、過激な発言で注目を集めている。2006年夏、ベティスの主力選手ホアキン・サンチェスバレンシアCF移籍に最後まで抵抗するなど、気性の激しさも見せている[1]

一方で、2007年8月末に、ライバルチームであるセビージャFCアントニオ・プエルタが特発性拡張型心筋症で急死する悲劇が起こり、セビージャFC会長のホセ・マリア・デル・ニドとプエルタの遺体の埋葬前に互いの肩を抱き寄せ、普段は激しく対立するクラブ間では考えられなかったような歩み寄りも見せている[2]。2008-09シーズン、ベティスがセグンダ・ディビシオン降格となった結果、セビリア市にて4万人規模のデモが発生し、ロペーラ退任を要求するなど、ベティコ(ベティス・サポーター)との関係も微妙なものとなってきている。 2010年にベティスのオーナー職を離れた。

ベティスに関する略年表[編集]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ スポーツナビ・コラム(2006-8-29) 「神に感謝したい」ホアキン バレンシア入団会見(2010-6-5閲覧)
  2. ^ スポーツナビ・コラム(2007-9-5) プエルタの死がもたらした警鐘(2010-6-5閲覧)

外部リンク[編集]