マッシモ・スコラーリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マッシモ・スコラーリMassimo Scolari 、1943年3月31日、 Novi Ligure生まれ)は、イタリアの建築家、建築教育者、画家、デザイナー。

ミラノ工科大学に進学し学生運動グループの中核メンバーとなる。1969年に卒業。1973年に彼はパレルモ大学の建築史の教授、そしてIstituto Universitario di Architettura di Venezia(IUAV)のDrawingの教授に就任。その一方で建築家アルド・ロッシ(1931-1997)が企画を担当した 同年の第 15 回ミラノ・トリエンナーレ建築国際部門の展示に、「テンデンツァ」(Tendenza)と呼ばれるグループの一員として参加し、そのカタログにも寄稿している。1975年から1993年にかけて、 コーネル大学ニューヨーク市にあるクーパーユニオンニューヨーク 建築都市研究所 、ウィーン工科大学ハーバード大学ケンブリッジ大学などのさまざまな大学の客員教授をしていた。2006年から、 イェール建築学校ダベンポート校客員教授を務めた。 彼は雑誌「Controspazio」、「 Casabella 」、「Lotus International」の編集者であり、「Eidos」(1989-1995)の監督であり、Franco Angeli(1973-1988)による一連の建築書を刊行。1989年から彼はGiorgettiの家具をデザインし、2001年までアートディレクターを務めていた。 ヨーロッパ、日本、ロシア、アメリカで展覧会を開催した。 彼の作品は、 MoMA (ニューヨーク)、テヘラン現代美術館、ドイツ建築博物館( フランクフルト )、 ポンピドゥーセンター (パリ)の永久コレクションになっている。 2014年には、アーノルドW.ブルナー記念建築賞をニューヨークのアメリカンアカデミーオブアーツアンドレターズなどから授与された。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]