マックチップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マックチップ は、かつて日本マクドナルドが発行した電子マネーEdyが搭載されたカードである。

概要[編集]

日本マクドナルド2001年から東京都23区内の一部店舗[1]でEdy決済サービスの試験導入を行ない、2003年7月[2]より一時期間、当カードを該当店舗店頭でモニターへ無償配布していた。カード発行事業者(イシュア)は三井住友銀行[3]である。裏面はマクドナルドのコーポレートカラーで赤く[4]、表面は白く添付ステッカーをユーザー自ら貼付するデザインである。

同社のEdy導入は2008年11月まで前述の試験店舗に留まり、2007年10月からEdyではなくiDを導入展開[5]するが、2008年12月からEdyを再導入し[6]、2009年8月に一部を除き全国の店舗へ導入している。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ マクナルド”. ファーストフードフード・ドリンク|Edyが使えるお店|Edyについて|電子マネーEdy. ビットワレット株式会社 (2003年). 2003年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月12日閲覧。
  2. ^ 日本マクドナルドホールディングス(2005年) (PDF)”. 外食業界|企業活動分析|戦略ケースの教科書Online. 株式会社ジェイ・エム・アール生活総合研究所 (2005年9月8日). 2013年7月23日閲覧。
  3. ^ マックチップ”. カードの種類 電子マネーEdy ICカード クレジットカード関連 yuiis web (2003年3月1日). 2013年7月23日閲覧。
  4. ^ マクドナルド マックチップ”. Edyで行こう (2006年7月10日). 2013年7月23日閲覧。
  5. ^ 吉岡綾乃 (2007年2月26日). “マクドナルドに「iD」「トルカ」を導入──マクドナルドとドコモがe-マーケティングの新会社”. ITmedia Mobile (東京: アイティメディア株式会社). http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0702/26/news050.html 2013年7月23日閲覧。 
  6. ^ “全国のマクドナルドで 電子マネー“Edy”をご利用いただけるようになります” (日本語) (プレスリリース), ビットワレット株式会社, (2008年12月5日), http://www.rakuten-edy.co.jp/press/2008/20081205.html 2013年7月23日閲覧。 

関連項目[編集]