マックス・ランデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Max Linder
マックス・ランデー
マックス・ランデー
1921年
生年月日 (1883-12-16) 1883年12月16日
没年月日 (1925-10-31) 1925年10月31日(41歳没)
出生地 フランスの旗 フランス ジロンド県サン=ルーベ
死没地 フランスの旗 フランス パリ
職業 俳優映画監督脚本家映画プロデューサー
ジャンル サイレント映画
活動期間 1905年 - 1925年
配偶者 ジーン・ピーターズ
著名な家族 モード・ランデー 長女
テンプレートを表示

マックス・ランデーMax Linder, 1883年12月16日 - 1925年10月31日)は、フランス俳優映画監督脚本家映画プロデューサーである[1][2]チャールズ・チャップリン登場前のサイレント映画初期の喜劇王である[3]。日本では、マックス・ランデ[3]マックス・ランデール[4]等とも表記された。

人物・来歴[編集]

1883年(明治16年)12月16日ジロンド県サン=ルーベに生まれる[1]

1905年(明治38年)、パテ・フレール(パテ)が製作し、ルイ・ガスニエが監督した短篇コメディ La première sortie d'un collégien に主演したのが、もっとも古い出演記録である[1]。1908年(明治41年)には主演作の短篇コメディ L'obsession de l'équilibre を演出し、映画監督としてもデビュー、以降、多く自作自演している[1]

1917年(大正6年)にはアメリカ合衆国に渡り、エッサネイ・フィルム・マニュファクチャリング・カンパニー(エッサネイ・スタジオ)で、短篇コメディ『マックスの渡米』を監督、主演者としてマーサ・マンスフィールドらと共演する[5]。同年、エッサネイで、マーサ・マンスフィールドを相手役に『マックスの離婚』、『マックスの運転手』を発表する[1]

1921年(大正10年)、アメリカでマックス・ランデー・プロダクションズを立ち上げ、長篇コメディ『ライオンと征服将軍』、『女房欲しさに』、翌1922年(大正11年)には『三笑士』を製作、いずれも監督・主演している[1][6]。1923年(大正12年)8月2日、ジーン・ピーターズと結婚、翌1924年(大正13年)6月に長女が誕生する[1][7]。同年、オーストリアのヴィタフィルムが製作した『脱線曲馬王』、アベル・ガンスが自らのプロダクションで製作・監督した Au secours! に出演している[1]

1925年(大正14年)10月31日、パリで、ヴェロナール(バルビタール)の大量摂取による自殺を図り、死去した[1]。満41歳没。出身地のサン=ルーベ墓地に眠る[2]

おもなフィルモグラフィ[編集]

特筆以外すべて出演作である[1]。1905年 - 1915年の時期の190作に関しては、短篇が多く[1]、おもなものに留めた。

1900年代[編集]

  • La première sortie d'un collégien : 監督ルイ・ガスニエ、1905年 - 主演
  • L'obsession de l'équilibre : 1908年 - 監督・主演

1910年代[編集]

1920年代[編集]

関連事項[編集]

日本での主な紹介文献[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k Max Linder, Internet Movie Database (英語), 2010年7月9日閲覧。
  2. ^ a b Max Linder, Find A Grave (英語), 2010年7月9日閲覧。
  3. ^ a b c d マックスと犬 - フィルム・コレクションに見るNFCの40年東京国立近代美術館フィルムセンター、2010年7月9日閲覧。
  4. ^ リュミエールの子供たちキネマ旬報映画データベース、2010年7月9日閲覧。
  5. ^ Max Comes Across - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月9日閲覧。
  6. ^ Max Linder Productions - IMDbPro(英語) (要会員登録), 2010年7月9日閲覧。
  7. ^ Maud Linder - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年7月9日閲覧。

外部リンク[編集]