マックスペイン3

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MAX PAYNE 3
マックスペイン3
ジャンル 3人称
シューティングゲーム
アクションアドベンチャー
対応機種 PlayStation 3
XBOX360
販売元 ロックスター・ゲームス
テイクツー・インタラクティブ
シリーズ マックスペインシリーズ
人数 [ストーリーモード]1人
[マルチモード]2人 - 16人
発売日 アメリカ合衆国の旗2012年6月3日
日本の旗2012年9月6日
対象年齢 CEROZ(18才以上のみ対象)
ESRBM(17歳以上)
PEGI18
USK18(18歳未満提供禁止)
コンテンツ
アイコン
[CERO]暴力、犯罪
[ESRB]Blood and Gore,Intense Violence,Partial Nudity,Strong Language,Strong Sexual Content,Use of Drugs and Alcohol[1]
ダウンロード
コンテンツ
あり
その他 規制あり
テンプレートを表示

マックスペイン3』(英:MAX PAYNE 3)は、アメリカRockstar Gamesによって開発され、テイクツー・インタラクティブから販売されたサードパーソン・シューティングゲームPlayStation 3およびXbox 360版が2012年5月15日にリリースされた。PC版は2012年5月29日、Mac版は2013年6月20日にリリースされた。マックスペインMax Payne 2: The Fall of Max Payneに続くマックスペインシリーズの3作目である。略称は『MP3』。

ゲームは三人称視点のアクションシューターである。 シングルプレイヤー・モードでは、プレイヤーは元ニューヨーク市警の刑事マックス・ペインを操作する。前作から数年後、マックスはサンパウロで不動産王一家のボディガードとなるが、死と裏切りに満ちた世界に巻き込まれ、生き残る道を探ることになる。ゲームにはオンライン・マルチプレイヤー・モードが含まれており、好みの武器や様々な装備、能力を組み合わせ、最大16人で協力的かつ競技的な対戦を行う。

開発者はゲームの制作においてサンパウロ周辺でフィールド調査を実施し、ゲームに反映させた。リリース時、批評家から好意に迎えられ、特に物語、雰囲気、細部へのこだわり、アクションは称賛された。また、変化の少ないゲーム性、 サンパウロの描写は批判された。発売時には約300万本を出荷し、高い売上を達成した。 複数のゲーム雑誌やサイトから様々の賞にノミネートされ、高い評価を得た。

概要[編集]

シリーズ一作目と二作目を開発したレメディー・エンターテインメントALAN WAKE制作の資金調達を行う目的で版権を売却し、本作はRockstar Games開発となった。

今回も戦闘に有利になるための「バレットタイム」システムを採用している。

ストーリー[編集]

マックス・ペインは妻子を失った悲劇の記憶から逃れるため久々に再会した警察学校時代の元級友ラウール・パソスの誘いを受けブラジルで要人警護の仕事に就くが、巻き込まれた誘拐事件の裏に潜む巨大な闇の存在に気づき再び戦いに挑む。

登場人物[編集]

主人公と関係者[編集]

マックス・ペイン
本作の主人公。
ラウール・パソス
ニューヨーク警察学校時代の旧友で、ブランコ一族の警備担当。
ジョバンナ・タヴァレス
ファビアナの妹。
ウィルソン・ダシウバ
サンパウロ警察の刑事。主人公に情報提供を行っていた。

ブランコ一族[編集]

ロドリゴ・ブランコ
ブランコ一族の長男で、不動産業で財を成した事業家。
ビクター・ブランコ
ブランコ一族の二男で政治家。
マルセロ・ブランコ
ブランコ一族の三男で遊び人。
ファビアナ・ブランコ
ポルトガルのリスボン生まれで元モデルで、ロドリゴの妻。

[編集]

アルマンド・ベッカー
市警察の特殊部隊「UFE」のリーダー。
バハマイヤー
ベッカーの右腕で、UFEのNo.2。
アルバロ・ネベス
私兵団「クラチャ・プレト」のリーダー。
ミロ・レゴ
クラチャ・プレトのNo2。
セラーノ
「コマンド・ソンブラ」のリーダー。
アンソニー・デマルコ
ニューヨークのホーボーケンを活動拠点としているイタリアンギャングの「デマルコファミリー」のボス。
トニー・デマルコ
アンソニー・デマルコの一人息子。

その他[編集]

アーサー・フィッシャー
上流階級向けの美容整形を専門にする形成外科医。

武器[編集]

今作はショルダーホルスターに小型火器を2丁、左手に大型火器を1丁のみ携行出来る。 小型火器は二丁持ちが可能。過去作との変更点として左右に別々の銃を持つ事が可能となった。 武器の所有数制限の関係で任意の武器投棄が可能となった。二丁持ちすると大型火器をその場に投棄してしまう。 過去作にあった手榴弾や火炎瓶は、今作では敵のみが使用し、プレイヤーは使用出来ない。

ハンドガン[編集]

PT 92
今作におけるマックスの愛銃。ブラジルのトーラス社によるベレッタ 92のライセンス生産モデル。
1911
オート 9mm
グロック18。フルオート射撃可能なマシンピストル。装弾数は33発だが、マガジンの長さは通常のサイズのままである。
.38 リボルバー
ブル 608
8発装填のシリンダーを持つリボルバー。
DE .50

ショットガン[編集]

M500
ソードオフ
銃身や銃床を切り落としてある水平2連式の散弾銃。小型火器で二丁持ちに対応。
M4 スーパー90
SPAS-15
スーパー・スポーツ

サブマシンガン[編集]

マイクロ 9mm
ミニUZI。
M10
MPK
MP5K。
M972
ブラジルのトーラス社によるライセンス生産モデル。
SAF 40 CAL
大型火器。

アサルトライフル[編集]

ミニ 30
FAL
MD-97L
AK-47
G6 コマンドー
G36K。

マシンガン[編集]

RPD
何故かベルトリンク式ではない

スナイパーライフル[編集]

M82A1

その他[編集]

グレネードランチャー
ダネルMGL。6連装のグレネードランチャー。
RPG-7
対戦車軽砲
M72 LAW。

評判[編集]

MetacriticではPS3版100点中87点[2]、Xbox360版100点中86点[3]、PC版100点中87点[4]。レビュアーからはIGNの10点中9点[5]をはじめファミ通では10点中8.8点[6]など高得点を得ている。 しかしながら、販売予想では米国で60万本を見込んでいたのに対し、44万本と下回る。伸び悩んだ理由としてBlizzardの人気アクションRPGのDiablo IIIが2012年5月15日に発売されている(初日の24時間で350万本、初週では630万本のセールス)。

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]