マッギード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マッギードמַגִּיד maggīdh)は、特に18世紀頃のポーランドにおいて、職業的に多くのユダヤ人コミュニティーを巡回して講義を行ったユダヤ教活動家を言う。「説教師」と訳されることもある。

昔の東欧のコミュニティーでは、ラビペサハの前の大シャッバート en:Shabbat Hagadol と、ヤーミーム・ノーラーイームローシュ・ハッシャーナーヨーム・キップールの間)のシャッバートにしか講義をしなかったため、マッギードがラビの講義の替わりとなっていた。

マッギードはコミュニティーで謝礼を受け取った。大きなユダヤ人コミュニティーでは、常設のマッギードもいた。

主なマッギード[編集]

マギトソン、マジッドソン(例えばハーブ・マジッドソンマジソンHerb Magidsonマーク・マジッドソン Mark Magidson)というのはウクライナベラルーシ地域などに起源を持つユダヤ人に特に多い姓である。