マクシミリアン・カファレリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マクシミリアン・カファレリ
Maximilian Caffarelli
1756年2月13日 - 1799年4月27日
Général Louis Caffarelli du Falga.jpg
生誕 オート=ガロンヌ県フランス
死没 アッコ(現イスラエル
テンプレートを表示
アッコイスラエル)にあるカファレリ将軍の墓

ルイ=マリー=ジョゼフ=マクシミリアン・ド・カファレリ・デュ・ファルガ(Louis-Marie-Joseph-Maximilian de Caffarelli du Falga、1756年2月13日1799年4月27日)は、フランス軍の将軍であり学者。オート=ガロンヌのファルガ城で生まれ、シリアで戦病死した。弟のマリー=フランソワ=オーギュスト・ド・カファレリ・デュ・ファルガ(1766年-1849年)とルイ=マリー=ジョゼフ・カファレリ(1760年–1845年)もまた将軍である。

経歴[編集]

カファレリは10人の兄弟姉妹の長子だったが、両親の財産の大部分について、長男の権利の行使を拒否した。彼はサンブル・エ・ミューズの軍隊でジャン=バティスト・クレベールに仕えた。1797年11月27日、砲弾によって左脚を失ったが、木製の義足をつけて軍務を続け、1798年エジプト侵攻にもクレベールとともに参加した。遠征軍の中では彼についてこんな軽口が聞かれた-「カファは何が起きようがへいちゃらだ。なぜならいつも片足をフランスに置いているんだから」。

彼は1796年2月13日、倫理と政治学に関するエジプト学士院(Institut d'Égypte、遠征軍に置かれたエジプト研究会)の政治経済学セクションのメンバーに選ばれて、会則の起草に加わった。彼はまた、ナポレオンに同行して、後にスエズ運河として実現することになるルートの探索調査を行った。

1799年アッコ攻囲戦における4月24日の突撃の際、カファレリは右ひじを砲弾で砕かれ、右腕を切断しなければならなかった。そして左手でものを書くことを学び始めたときに壊疽が襲い、高熱を発して亡くなった。ナポレオンは、回顧録の中でこう書いている:「カファレリ将軍を送ることはわれわれ全体の悲しみであった。軍は最も勇敢なリーダーを、エジプトは立法者を、フランスは最高の市民を、そして科学は偉大な学者を失った」。カファレリは、ユーセフ・シャヒーンの映画『アデュー・ボナパルト(Adieu Bonaparte)』(1985年)の主人公である。

参考資料(外部リンク)[編集]