マイク・ムース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイク・ムース
Mike Muuss
マイク・ムース(1999年)
マイク・ムース(1999年)
生誕 Michael John Muuss
(1958-10-16) 1958年10月16日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 アイオワ州アイオワシティ
死没 2000年11月20日(2000-11-20)(42歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州ハバディグレイス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 プログラマ
著名な実績 ping
配偶者 Susan Pohl
弾道研究所M1のプロトタイプの解析にBRL-CAD英語版を使用しているマイク・ムース(左)とEarl Weaver(右)

マイク・ムース(Mike Muuss)ことマイケル・ジョン・ムース(Michael John Muuss、1958年10月16日 - 2000年11月20日)は、アメリカ合衆国プログラマである。ネットワークユーティリティpingを作成したことで知られる。

業績[編集]

ジョンズ・ホプキンズ大学を卒業後、メリーランド州アバディーン性能試験場弾道研究所に採用され、亡くなるまでそこに勤務した。彼は、幾何学ソリッドモデリングレイトレーシングMIMDアーキテクチャ、コンピュータネットワークを専門とする上級科学者だった。彼はBRL-CAD英語版などのソフトウェアパッケージやttcp英語版などのネットワークツールを作成し、BINDなどにも貢献した[1]デフォルトルートデフォルトゲートウェイ)という概念を作ったのも彼だった。

しかし、彼が作成したもので最も有名なのは、1983年12月に書いた約千行のソースコードによるpingである。その有用性から、pingは多くのオペレーティングシステムに実装されてきた。最初に実装されたのはBSDUnixで、後にWindowsMac OS Xにも実装された。1993年、USENIX協会は、カリフォルニア大学バークレー校Computer Systems Research Groupに対して、4.4BSD-Liteのリリースに貢献した(ムースを含む)180人を称えて、第1回USENIX貢献賞を授与した。

クリフォード・ストールの『カッコウはコンピュータに卵を産む英語版(The Cuckoo's Egg)』(ISBN 0-7434-1146-3)とケイティ・ハフナー英語版ジョン・マルコフ英語版の『ハッカーは笑う(Cyberpunk: Outlaws and Hackers on the Computer Frontier)』(ISBN 0-684-81862-0)では、クラッカーを追い詰める彼の役割について言及している。また、ピーター・H・サルス英語版の『UNIXの1/4世紀(A Quarter Century of UNIX)』でも言及されている。

ムースは2000年11月20日に州間高速道路95号線で自動車衝突事故により死亡した[2]。彼の友人と家族は、ジョンズ・ホプキンズ大学でムースを記念する「マイケル・J・ムース研究賞」を設立した[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Internet Systems Consortium. “History of BIND software development”. 2008年11月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。
  2. ^ Michael John Muuss, 42, computer expert whose software had key role in Internet”. Baltimore Sun (2000年11月25日). 2013年8月23日閲覧。
  3. ^ Johns Hopkins University. “Awards (PDF)”. 2003年11月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。

外部リンク[編集]