ポール・ピール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ポール・ピール
Paul Peel
Peel Paul Self portrait.jpg
自画像
生誕1860年11月7日
カナダ, ロンドン (オンタリオ州)
死没1892年10月3日
フランス,パリ
運動・動向アカデミック美術、ポン=タヴァン派

ポール・ピール(Paul Peel、1860年11月7日 - 1892年10月3日)はカナダの画家である。1890年にサロン・ド・パリで入選し、カナダ人として国際的な評価を得た画家の先駆けとなったが[1]、31歳で肺炎で没した。

略歴[編集]

オンタリオ州ロンドンで生まれた。 ウィリアム・リース・ジャドソン(William Lees Judson:1842-1928)に学んだ後、アメリカのフィラデルフィアのペンシルベニア美術アカデミーでトマス・エイキンズに学んだ。その後パリに渡り、エコール・デ・ボザールジャン=レオン・ジェロームに学び、アカデミー・ジュリアンバンジャマン=コンスタンルフェーブルアンリ=リュシアン・ドゥセに学んだ。

1882年に結婚し2人の子供ができた。オンタリオ美術家協会や王立カナダ芸術院(Royal Canadian Academy of Arts)[2]の会員となりそれらの展覧会に出展した。国際的な美術展にも出展し、1890年に、2人の裸の子供の姿を描いた「入浴の後で」をサロン・ド・パリに出展し、銅賞を受賞した。当時まだカナダ生まれの画家が、国際的な評価をうけるのはめずらしかった。子供たちの絵やヌードの作品で知られている。またカナダ人の画家がヌードを描くのもそれまであまり例がなかった[3]

パリで肺炎で没した。31歳であった。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Newlands, Anne. Canadian Paintings, Prints, and Drawings. Firefly Books, 2007. Page 240–41. 1-55407-290-5
  2. ^ Members since 1880”. Royal Canadian Academy of Arts. 2011年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年9月11日閲覧。
  3. ^ "Paul Peel". The Canadian Encyclopedia

参考文献[編集]

  • Victoria Baker, Paul Peel: A Retrospective, 1860-1892 (London Regional Art Gallery: London ON, 1986) ISBN 0-920872-74-3.