ポーランド文学古典叢書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ポーランド文学古典叢書』は、未知谷が発行するポーランド文学の古典を集めた叢書[1]。2013年12月より刊行されている。翻訳者は関口時正久山宏一ら。装幀は菊地信義

「度重なる分割、ホロコースト等の悲劇を経て今なお「ポーランド」という国が存在するのは、彼らが自らにまつわる物語=歴史を記し、有機的かつ実効性ある緊密禁固な文学空間を築いてきたからこそ、という言い方には一定の説得力があり、ポーランド語「帝国」の呼称さえ可能である。この、世界文学の中でも一種独自の境地に達したポーランド文学を体系的に紹介」[2]するとしている。

ポーランド広報文化センターの助成を得て「2019年の日本ポーランド国交100年までを一応の目標」として順次刊行予定[3]

シリーズのラインナップ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]