ポルタヴァ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
県章
ポルタヴァ県の地図(1907年)
ウクライナとポルタヴァ県の位置(1917年)

ポルタヴァ県ロシア語: Полтавская губерния)は帝政ロシアの県(グベールニヤ)である。1802年に組成された。1925年8月1日にウクライナ・ソビエト社会主義共和国政府が、県を廃止し管区(オクルグ)を国の次位の行政区画としたことにより消滅した[1]。県都はポルタヴァ

歴史[編集]

ポルタヴァ県は、1802年に小ロシア(マロロシヤ)県をポルタヴァ県とチェルニゴフ県に分割する形で形成された[2]。小ロシア県時の10郡に加え、県成立時に設置されたコンスタンチノグラード郡(ru)とミルゴロド郡(ru)、またこの翌年に設置されたゼニコフ郡(ru)、コベリャキ郡(ru)、ロフヴィツァ郡(ru)の、15の郡(ウエズド)が下位区分として置かれた[3]。1920年まで15郡体制が存続した。

1920年、新たにクレメンチュグ県(ru)が設置されると、クレメンチュグ郡(ru)、ゾロトノシャ郡(ru)、ホロル郡(ru)、がクレメンチュグ県に移管された。ただし1922年にクレメンチュグ県は廃止されたため、上記の3郡は再びポルタヴァ県の管轄となった。また、1921年にペレヤスラフ郡(ru)キエフ県に移管された。

1923年、ウクライナ・ソビエト社会主義共和国は行政改革を行い、県の下位区分の郡(ウエズド)、さらにその下位区分の郷(ヴォロスチ)を、管区(オクルグ)と地区(ライオン)にそれぞれ改編した。ポルタヴァ県内の郡は7つの管区に整理され、各管区は9 - 17の地区を管轄した。さらに1925年には同国は県を廃止(国 - 管区 - 地区 …の体制に変更)したため、ポルタヴァ県は消滅した。

下位区分・人口[編集]

ポルタヴァ県の下位区分
行政中心地 面積[4](露里²) 郷全域人口[4](人) 行政中心地人口[4](人)
県全体 ポルタヴァ 4,3844.0 277,8151 27,4294
ガヂャチ郡(ru) ハデャチ 2162.4 14,2806 7721
ゼニコフ郡(ru) ジニキウ 1977.5 14,0304 1,0443
ゾロトノシャ郡(ru) ゾロトノシャ(ru) 3888.6 22,7594 8739
コベリャキ郡(ru) コベリャキ(ru) 3227.2  21,7875 1,0487
コンスタンチノグラード郡(ru) クラスノフラード(ru) 5341.7 23,0310 6455 
クレメンチュグ郡(ru) クレメンチュク 3013.2 24,4894 6,3007
ロフヴィツァ郡(ru) ロフヴィツャ(ru) 2320.5 15,0985 8911
ルブヌィ郡(ru) ルブヌィ 2059.6 13,6613 1,0097
ミルゴロド郡(ru) ムィルホロド(ru) 2336.7 15,7790 1,0037
ペレヤスラフ郡(ru) ペレヤスラウ 3595.2 18,5306 1,4614
ピリャチン郡(ru) プィリャトィン(ru) 2871.6 16,3505 8022
ポルタヴァ郡(ru) ポルタヴァ 2977.9 22,7795 5,3703
プリルキ郡(ru) プルィルクィ(ru) 2877.4 19,2502 1,8532
ロムヌィ郡(ru) ロムヌィ 2285.2 18,6497 2,2510
ホロル郡(ru) ホロル(ru) 2909.3 17,3375 7997
[註]
・郡名はロシア語、行政中心地名はウクライナ語に基づく。
・面積は平方ベルスタ(露里)。1ベルスタ = 約1067メートル[5]
・人口は1897年の統計による。
斜体は行政中心地の各市に加え、フラヂィジク(ru)、フルィンシク(ru)の2市を含む都市人口の総数。
民族比率(1897年[6]
ウクライナ人 ユダヤ人 ロシア人 ドイツ人
県全体 93.0 % 4.0 % 2.6 %
ガヂャチ郡 96.9 % 2.4 %
ゼニコフ郡 98.1 % 1.3 %
ゾロトノシャ郡 95.5 % 3.4 %
コベリャキ郡 97.3 % 1.6 %
コンスタンチノグラード郡 86.1 % 11.8 % 1.1 %
クレメンチュグ郡 80.3 % 13.1 % 5.5 %
ロフヴィツァ郡 95.8 % 3.1 %
ルブヌィ郡 95.0 % 3.3 % 1.4 %
ミルゴロド郡 97.1 % 1.9 %
ペレヤスラフ郡 93.8 % 5.3 %
ピリャチン郡 95.2 % 3.8 %
ポルタヴァ郡 88.7 % 5.1 % 5.3 %
プリルキ郡 94.6 % 4.3 %
ロムヌィ郡 93.5 % 4.2 % 1.7 %
ホロル郡 96.7 % 2.3 %

行政の長[編集]

出身者[編集]

出典[編集]

  1. ^ Постановление ВУЦИК от 3.06.1925 о ликвидации губерний и о переходе на трехстепенную систему управления
  2. ^ Малороссийская губерния // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона : в 86 т. (82 т. и 4 доп.). — СПб., 1890—1907.
  3. ^ Полтавская губерния // Энциклопедический словарь Брокгауза и Ефрона
  4. ^ a b c Демоскоп Weekly. Первая всеобщая перепись населения Российской Империи 1897 г. Наличное население в губерниях, уездах, городах Российской Империи (без Финляндии).
  5. ^ 井桁貞義編 『コンサイス露和辞典』 三省堂、2009年、P87
  6. ^ Демоскоп Weekly. Первая всеобщая перепись населения Российской Империи 1897 г. Распределение населения по родному языку и уездам 50 губерний Европейской России