ポリャーネ族 (東)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東スラヴ人

ポリャーネ族は(Полѧне;意訳:「野原の人々」)は、6世紀から9世紀にかけて存在した東スラヴ人の部族。『ルーシ年代記』にしか登場しない[1]。現在のウクライナ北部、ドニプロ川の右岸、キエフを中心とした地域に居住した。東はシヴェーリア族、南はウーリチ族、西はティーヴェル族ドレヴリャーネ族、北はドレゲーヴィチ族といった東スラヴの部族と接していた。年代記の伝説によれば、ドナウ川からドニプロ川へ移住したという。新たな地でルーシという共同体を組織したと考えられる。年代記ではしばしばキエフ人、もしくはルーシ人と呼ばれる[1]10世紀の前に姿を消した[1]。ポリャーネ族に該当する考古学的な文化は未定である[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Толочко 2011:411.

参考文献[編集]

  • (ロシア語) Рыбаков Б.А. Поляне и северяне (к вопросу о размещении летописных племен на Среднем Днепре // Советская этнография. — т.7-8. — Москва-Ленинград, 1947.
  • (ロシア語) Хабургаев Г.А. Этнонимия "Повести временных лет" в связи с задачами реконструкции восточнославянского глоттогенеза. — Москва, 1979.
  • (ロシア語) Седов В.В. Славяне: Историко-археологическое исследование. — Москва, 2002.
  • (ウクライナ語) Толочко О. Поляни // Енциклопедія історії України. — Київ : Наукова думка, 2011. — Т.8. — С.411.