ボンクレキン酸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ボンクレキン酸
識別情報
CAS登録番号 11076-19-0
PubChem 25463 (6R,17S)
2423 ()
ChemSpider 4938689 (2E,4E,8E,10E,14E,18E,20E)
4529223 (2E,4Z,8Z,10E,14E,18E,20Z)
23764 (6R,17S)
2329 ()
MeSH Bongkrekic+acid
ChEBI CHEBI:77742
特性
化学式 C28H38O7
モル質量 486.6 g mol−1
融点

50 - 60 °C, 263 K, -26 °F

特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ボンクレキン酸(ボンクレキンさん、bongkrek acid、bongkrekic acid)は、呼吸英語版の一つである。シアン化物2,4-ジニトロフェノールなど他のミトコンドリア毒よりも毒性が高い[1]。ボンクレキン酸の実際の構造に関して論争があったが[2]、この論争は1973年に解消された[3]

ボンクレキン酸は、細菌Burkholderia gladioli pathovar cocovenenans英語版によって汚染された発酵ココナッツ中で生産される。

ボンクレキン酸は、ミトコンドリアのアデニンヌクレオチド交換輸送体英語版機構を阻害することによって毒性を示す。

脚注[編集]

  1. ^ Henderson, P. J. F.; Lardy, H. A. (1970). “Bongkrekic Acid: An Inhibitor of Adenine Nucleotide Translocase of Mitochondria”. J. Biol. Chem. 245 (6): 1319–1326. PMID 4245638. 
  2. ^ Garcia, R. A.; Hotchkiss, J. H.; Steinkraus, K. H. (1999). “The Effect of Lipids on Bongkrekic (Bongkrek) Acid Toxin Production by Burkholderia cocovenenans in Coconut Media”. Food Additives and Contaminants 16 (2): 63–69. doi:10.1080/026520399284217. PMID 10435074. 
  3. ^ De Bruijn, J.; Frost, D. J.; Nugteren, D. H.; Gaudemer, A.; Lijmbach, G. W. M.; Cox, H. C.; Berends, W. (1973). “Structure of Bongkrekic Acid”. Tetrahedron 29 (11): 1541–1547. doi:10.1016/S0040-4020(01)83395-0.