ボニファス・アレクサンドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ボニファス・アレクサンドル
Boniface Alexandre
Boniface Alexandre.jpg

ハイチの旗 ハイチ
大統領(代行)
任期 2004年2月29日 – 2006年5月14日
首相 イヴォン・ネプチーヌ
ジェラール・ラトルチュ

出生 (1936-07-31) 1936年7月31日(84歳)
ハイチの旗 ハイチガンティエ

ボニファス・アレクサンドルフランス語: Boniface Alexandre1936年7月31日 - )は、ハイチの政治家。

経歴[編集]

2004年のクーデタージャン=ベルトラン・アリスティド大統領が亡命後、最高裁判所長官として大統領職を代行し、後に暫定大統領となった。在任中、人権団体のアムネスティ・インターナショナルは警察権力の行き過ぎた行使、十分な取調べや裁判を経ない処刑、武装集団による殺害や誘拐の深刻化、女性に対する暴力に対しての行政の怠慢、司法制度の不備などを告発した。40人以上の人々が起訴や裁判なしに投獄されたとしている[1]

2006年5月14日、同年2月の大統領選挙で当選したルネ・プレヴァルに大統領職を引き継がせた。

脚注[編集]

  1. ^ 2006 Annual Report for Haiti”. Amnesty International (2006年). 2009年8月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2009年8月6日閲覧。
先代:
ジャン=ベルトラン・アリスティド
ハイチの大統領
2004年 – 2006年
次代:
ルネ・プレヴァル