ボッチ・ボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ボッチ・ボール
Gthumb.svg
画像募集中
基本情報
種別 ロングドリンク
作成技法 ビルド
橙色
グラス Highball Glass (Tumbler).svg   タンブラー
アルコール度数
度数 5.6度[1] - 6度[2]
レシピの一例
ベース アマレット
装飾材料 カット・オレンジ、マラスキーノ・チェリー
テンプレートを表示

ボッチ・ボール (Boccie Ball) とは、リキュールをベースとするカクテルであり、冷たいタイプのロングドリンク(ロングカクテル)に分類される。なお、ボッチ(Boccie)とは、イタリア発祥の球技である。

標準的なレシピ[編集]

作り方[編集]

を入れたタンブラー(容量300ml程度)に、アマレットとオレンジ・ジュースを注ぎ、よく冷やした炭酸水でタンブラーを満たして、軽くステアすれば完成である。

備考[編集]

  • オレンジ・ジュースは、その場でオレンジを絞ったものを使用するのがベストであるが、市販のジュースを用いても良い。
  • カット・オレンジと、マラスキーノ・チェリーを飾ることもある。

イタリアでの扱い[編集]

これはアメリカで誕生したカクテルだが、後に、アマレットの原産地であるイタリアでも飲まれるようになった。ただし、イタリアでのレシピはアマレットよりもオレンジ・ジュースの方が多い。名称もボッチ・ボールではなく、「スプラッシュ」と呼ばれている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 花崎 一夫 監修 『ザ・ベスト・カクテル』 永岡書店 1990年6月5日発行 ISBN 4-522-01092-3
  • 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  • YYT project 編集 『おうちでカクテル』 池田書店 2004年10月20日発行 ISBN 4-262-12918-7
  • YYTproject 編集 『The カクテルハンドブック』 池田書店 2006年12月20日発行 ISBN 978-4-262-17231-6

脚注[編集]

  1. ^ 桑名 伸佐 監修 『カクテル・パーフェクトブック』p.209 日本文芸社 2006年2月25日発行 ISBN 978-4-537-20423-0
  2. ^ YYT project 編集 『おうちでカクテル』p.102 池田書店 2004年10月20日発行 ISBN 4-262-12918-7