ホルダー・ダ・シルバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホルダー・ダ・シルバ Portal:陸上競技
2013 World Championships in Athletics (August, 10) by Dmitry Rozhkov 57.jpg
選手情報
ラテン文字 Holder da Silva
国籍 ギニアビサウの旗 ギニアビサウ
競技 陸上競技 (短距離走)
種目 60m, 100m, 200m
生年月日 (1988-01-12) 1988年1月12日(29歳)
出身地 ギニアビサウの旗 ビサウ
身長 182cm[1]
体重 80kg
成績
オリンピック 100m 予選4組7着 (2012年)
世界選手権 100m 1次予選6組5着 (2007年)
200m 予選7組8着 (2011年)
地域大会決勝 ポルトガル語圏競技大会
100m 4位 (2009年)
200m 優勝 (2014年)
自己ベスト
60m 6秒80 (2009年) 室内ギニアビサウ記録
100m 10秒36 (2009年) ギニアビサウ記録
200m 21秒01 (2009年) ギニアビサウ記録
編集 テンプレートのヘルプを表示する

ホルダー・ダ・シルバHolder Ocante da Silva1988年1月12日 ‐ )は、西アフリカに位置するギニアビサウビサウ出身の陸上競技選手。専門は短距離走100mの10秒36など複数種目でギニアビサウ記録を保持している。2014年ポルトガル語圏競技大会男子200mの金メダリストである。

自己ベスト[編集]

記録欄の( )内の数字は風速m/s)で、+は追い風を意味する。

種目 記録 年月日 場所 備考
屋外
100m 10秒36 (+1.7)
10秒36 (+0.5)
2009年7月12日
2009年7月8日
ポルトガルの旗 リスボン
スペインの旗 サラマンカ
ギニアビサウ記録
200m 21秒01 (+1.4) 2009年7月8日 スペインの旗 サラマンカ ギニアビサウ記録
室内
60m 6秒80 2009年2月14日 ポルトガルの旗 ポンバル ギニアビサウ記録
200m 22秒08 2008年2月3日 ポルトガルの旗 エスピーニョ ギニアビサウ記録

主要大会成績[編集]

備考欄の記録は当時のもの

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2006 世界ジュニア選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 予選 11秒01 (+0.4) 自己ベスト
ポルトガル語圏競技大会 (en マカオの旗 マカオ 200m 3位 22秒42
2007 世界選手権 日本の旗 大阪 100m 1次予選 10秒68 (+1.5)
2008 オリンピック 中華人民共和国の旗 北京 100m 1次予選 10秒58 (+0.2)
2009 ポルトガル語圏競技大会 (en ポルトガルの旗 リスボン 100m 4位 10秒36 (+1.7) [2]
200m 4位 21秒18 (+2.4) [2]
2010 世界室内選手権 カタールの旗 ドーハ 60m 予選 7秒07 全種目通じギニアビサウ人大会初出場
2011 世界選手権 大韓民国の旗 大邱 200m 予選 21秒82 (-0.7)
2012 世界室内選手権 トルコの旗 イスタンブール 60m 予選 6秒95
アフリカ選手権 (en ベナンの旗 ポルトノボ 100m 予選 10秒82 (-0.7)
オリンピック イギリスの旗 ロンドン 100m 予選 10秒71 (+0.4)
2013 世界選手権 ロシアの旗 モスクワ 100m 予選 10秒70 (-0.1)
2014 ポルトガル語圏競技大会 (en インドの旗 ゴア 200m 優勝 21秒40 大会記録
イベロアメリカ選手権 (en ブラジルの旗 サンパウロ 100m 予選 10秒72 (+0.3)
200m 予選 21秒90 (-1.5)
アフリカ選手権 (en モロッコの旗 マラケシュ 100m 準決勝 10秒66 (-1.2)
200m 予選 21秒65 (0.0)
2015 世界選手権 中華人民共和国の旗 北京 100m 予選 10秒68 (-1.4)
2016 イベロアメリカ選手権 (en ブラジルの旗 リオデジャネイロ 100m 予選 10秒77 (+0.3)
200m 予選 21秒90 (+0.2)
アフリカ選手権 (en 南アフリカ共和国の旗 ダーバン 100m 予選 10秒93 (+0.8)
オリンピック ブラジルの旗 リオデジャネイロ 100m 予備予選 10秒97 (-0.2)

脚注[編集]

  1. ^ プロフィール”. リオデジャネイロオリンピック公式サイト (2016年8月25日). 2016年8月25日閲覧。
  2. ^ a b 100mで銅メダルを獲得したブラジルのJorge Célio Sena、200mで銀メダルを獲得したブラジルのブルーノ・デ・バロスが大会終了後にそれぞれドーピング問題で失格になっているが、順位が繰り上がったかは不明

外部リンク[編集]