ホムトフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホムトフ
Chomutov square.jpg
ホムトフの市旗 ホムトフの市章
位置
ホムトフの位置の位置図
ホムトフの位置
座標 : 北緯50度27分38秒 東経13度25分03秒 / 北緯50.46056度 東経13.41750度 / 50.46056; 13.41750
歴史
最初の記述 1252年3月29日
行政
 チェコ
 州 ウースチー州の旗 ウースチー州
 郡 ホムトフ郡
ホムトフ
地理
面積  
  域 29.26 km2
標高 210 m
人口
人口 (2010年現在)
  域 50,442人
その他
等時帯 CET (UTC+1)
夏時間 CEST (UTC+2)
公式ウェブサイト : www.chomutov-mesto.cz

ホムトフチェコ語: Chomutov)は、チェコウースチー州の都市。 2006年7月1日に憲章都市となった。2008年時点において、チェコにおいて20番目、ウースチー州において4番目に大きな都市である。

歴史[編集]

ホムトフは元はチェコの市場都市であったが、1252年ドイツ騎士団の所有となり、ドイツ化した。 現在も健在のゴシック建築の聖カテジナ教会はこの時期に建てられた。1396年町の憲章を得た。1416年騎士団は、ヴェンツェルに、町と町の支配権を売却した。 1416年3月16日、タボル派 (en:Taborite) に急襲され、略奪され、焼き払われた。多くの動乱や所有者の交代の後、1588年ロプコヴィツ (Popel of Lobkovic) の手に渡り、彼はイエズス会の規則を制定した。そのため中産階級のプロテスタントとの間にいざこざが生じた。 1594年、町の支配権はボヘミア王冠領の手に渡った。 30年戦争後、ホムトフの経済は停滞した。鉱業やハードウェア産業の進歩した19世紀後半まで、町は発展しなかった。

外部リンク[編集]