ホシチャバネセセリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ホシチャバネセセリ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: チョウ目(鱗翅目) Lepidoptera
上科 : セセリチョウ上科 Papilionoidea
: セセリチョウ科 Hesperiidae
亜科 : セセリチョウ亜科 Hesperiinae
: Aeromachus
: ホシチャバネセセリ
A. inachus
学名
Aeromachus inachus (Menetries)
和名
ホシチャバネセセリ
(星茶羽挵)
英名
The Japanese Scrub Hopper
亜種
  • A. i. inachus
    (Menetries)

ホシチャバネセセリ(星茶羽挵、 Aeromachus inachus)は、チョウ目(鱗翅目)セセリチョウ上科セセリチョウ科に属するチョウの一種。

概要[編集]

前翅長は15mm程度で、日本のセセリの中で最も小さい。コチャバネセセリに似るがさらに小さく、白斑が顕著に表れ、翅裏には黄褐色の鱗粉を吹く。低山地から山地にかけての林間、林縁などで見られ、花によくとまる。

越冬態は3齢幼虫。食草はオオアブラススキが確認されている。成虫は暖地では6月から8月にかけて年2回発生、寒冷地では7月から8月にかけて年1回。

分布[編集]

国内での分布域は分断されている。青森県東部~岩手県西部、奥羽山脈甲信越地方中国山地対馬

国外ではロシア極東、中国台湾朝鮮半島

保全状況評価[編集]

日本産Aeromachus inachus inachus

参考文献[編集]

  • 牧林功解説 『日本の蝶』成美堂出版、1994年、ISBN 4-415-08045-6
  • 日本環境動物昆虫学会編『チョウの調べ方』文教出版、1998年、ISBN 4-938489-11-2

関連項目[編集]